後悔しないために!ベッドを捨てずに収納できるおすすめの保管場所

後悔しないために!ベッドを捨てずに収納できるおすすめの保管場所

BY: MAGAZINE編集部

後悔しないために!ベッドを捨てずに収納できるおすすめの保管場所

引越しやライフスタイルの変化によって、ベッドが不要になってしまった場合、皆さんならどうしますか?おそらく、多くの人が置き場所に困ってしまい、処分してしまうのではないでしょうか。
しかし、ベッドの購入には、お金がかかります。そのため、今は使わなくても、いずれ使う機会がくるかもしれないことを考えると、処分するのは勿体無いですよね。改めて購入し直すのも大変です。
そんな時、使わなくなったベッドの置き場所があればとても便利ではないでしょうか。そこで、今回は、ベッドの保管方法を紹介します。

ベッドの保管が必要になるケースとは?

そもそもベッドを使わなくなってしまうというのは、どのような時なのでしょうか。
ベッドを使わなくなってしまう例として、以下のような事例が挙げられます。
・子供が成長してベッドを買い換えることになった
・出張や転勤、一時的にアパートやマンションを解約することになった
・留学に行くので、一人暮らしの部屋を引き払った
・寝室を分けることになりベッドをそれぞれ買うことになった
・部屋を変えたらこれまでのベッドが入らなくなった
・実家に戻ったのでベッドが余った
多くの場合、ライフスタイルが変わったことで、今まで使っていたベッドが必要なくなってしまったという事例が多いです。

軽い気持ちでベッドを捨ててしまうと後悔することも

「今必要ないから、今後も必要ない」と考え、ベッドを処分してしまうのはあまりおすすめできません。ベッドを捨ててしまってから家族が増えた、後々必要になったという場合もあるでしょう。ベッドは、高価なので、また購入するとなると、お金が勿体無いですよね。「あの時捨ててなければよかった」なんてこともありえます。
また、使わなくなったベッドは、予備のベッドとして使うことができる可能性もあります。そう考えると、いらなくなったからといって捨ててしまうのは、やはり惜しいです。
スペースや場所に余裕があるのであれば、捨てずに保管しておくのが良いでしょう。

邪魔にならない!おすすめのベッド保管場所

では、ベッドはどのように保管しておくのが良いのでしょうか。ここでは、ベッドの効果的な保管方法を紹介します。

自宅の物置やロフトで保管する

自宅の物置やロフトスペースにスペースがあるのであれば、解体して保管しておくのが望ましいでしょう。布団やマットレスはしっかり乾かした後、ベッドの骨組みと一緒に保管しておきます。保管の際は、虫食いやかびに気をつけなければなりません。虫食いやカビといったベッドの劣化を防ぐために、防虫剤や除湿剤を設置するのが望ましいです。

トランクルームで保管する

トランクルームで保管する場合も、ベッドを解体します。また、自宅で保管するときと同じように、マットレスや布団は、かびや劣化を防ぐために、しっかり乾燥させておきましょう。トランクルームを保管場所にする際は、自宅と違い、長い間しまったままにすることも考えられます。そのため、カバーをかけて、埃がつかないようにしたり、劣化が進まないように気をつける必要があります。また、トランクルームを選ぶ際は、空調設備や湿度管理がしっかりされているトランクルームがおすすめです。
保管方法やトランクルームを気をつけることで、次に使う時も綺麗に使用することができます。

まとめ

ライフスタイルの変化によって必要なくなってしまったベッドは捨てるのではなく、しばらく保管しておくのがおすすめです。家族が増える、後から必要になる、予備のベッドになるなど、使う機会がないわけではありません。
ベッドを保管する際は、自宅の物置やトランクルームが最適です。保管時にはベッドを解体し、マットレスや布団は乾燥させて、防虫剤や空調、除湿器を活用して保管しましょう。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970