トランクルームを利用する際の温度管理の重要性

トランクルームを利用する際の温度管理の重要性

BY: MAGAZINE編集部

トランクルームを利用する際の温度管理の重要性

トランクルームには、駐車場やエレベーター、防犯システムなど色々な設備があります。これらの設備は、利便性や価格にも関係してくるので、立地や広さ、屋内型か屋外型かといった条件と同じくらい、トランクルームを探す上で重要なポイントとなっています。
その中でも、特に注目したいのが「空調設備」や「エアコン」といった温度・湿度管理専用の設備です。駐車場やエレベーター設備が必要なのはわかるけれど、なぜ温度管理専用の設備に注目するのかわからない、という方もいるのではないでしょうか。
ここでは、トランクルームになぜ温度管理専用の設備が必要なのか、設備があることでどんなメリットがあるのかを解説していきます。

トランクルームに置ける温度管理の必要性とは

トランクルームに温度管理設備があるかないかで、荷物の保管状態は大きく異なります。
自宅の押し入れやクローゼットと違い、トランクルームで荷物を保管する際は、荷物を出し入れする回数が少ないのが一般的です。そのため、長い期間荷物を入れっぱなしにすることが多くなります。
すると、温度が外気に大きく影響されてしまい、トランクルーム内が高温状態になってしまったり、結露がが発生してしまったりします。これらは、荷物の劣化に繋がってしまうため、「久しぶりに荷物を取り出してみたら、使えなくなってしまっていた」「荷物がダメになってしまっていた」ということにもなりかねません。そのため、温度管理はトランクルームには欠かせないものとなっています。

劣化のメカニズムとトランクルームの温度管理

夏の高温が劣化を促す

夏になると、トランクルーム内の気温は上昇します。あまりにも気温が高い場所でモノを放置しておくと、高温によってモノが傷んでしまい、どんどん劣化していきます。特に、家電や電子機器に対する影響は大きいです。部品がダメになってしまうことが多くあります。しかし、温度管理が行き届いていれば、夏の高温を防ぐことができ、適温で荷物を保管することができます。

結露で荷物が劣化する

結露は外気とトランクルーム内の温度差が激しい場合に発生します。この結露による水分で、荷物が濡れてしまい、使えなくなってしまうこともあります。しかし、温度管理があることで、結露を防ぐことができるようになります。

衣類の保管や家電の保管には温度管理は必須

衣類や家電をトランクルームで保管する際は、温度管理は必須です。温度管理がないと、高温で家電の部品が壊れてしまったり、結露による水分が入り込んでしまい、故障してしまうといったトラブルが発生してしまいます。また、水分が付着してしまうことで、衣類が濡れてしまったり、カビてしまうということがあります。
必ず、衣類や家電を保管する際は、温度管理が行き届いているトランクルームを選びましょう。

温度調整だけでなく湿度管理もあると良い

温度管理とは別に、トランクルームには湿度管理ができる設備があります。湿度もカビの発生や荷物の劣化に大きく関わってきます。そのため、温度管理だけでなく、湿度を一定に保てる設備があれば、安全に荷物を保管することができます。トラブルを最大限防ぎたい場合は、湿度管理にも気を配ると良いでしょう。

まとめ

荷物の劣化の原因には、夏の高温や結露、カビといったものがあります。しかし、温度を一定に保つことで、これらのトラブルを防ぐことができるようになります。つまり、温度の管理設備には、トランクルーム内の荷物をカビや劣化から守る働きがあります。
トランクルームは押し入れやクローゼットと比べ、開け閉めが少ないのが一般的なので、安全に荷物を保管したい人や衣類や家電などデリケートなものを保管したい人は、温度管理設備の行き届いたトランクルームを利用するようにしましょう。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970