トランクルームで楽器を長く大切に保管する方法

トランクルームで楽器を長く大切に保管する方法

BY: MAGAZINE編集部

トランクルームで楽器を長く大切に保管する方法

楽器を演奏する人にとって、「楽器の収納する場所」というのはよくある悩みなのではないでしょうか。
楽器は、とても繊細で壊れやすいものです。保管場所を注意しないと、すぐ壊れてしまうこともあるでしょう。自宅にも収納場所がない人にとっては困りものですよね。

そこで、おすすめなのが「トランクルーム」です。トランクルームであれば、自宅の収納スペースに入らないような楽器も収納しておくことが出来ます。

ですが、トランクルームでの楽器保管はやっぱり心配、と感じる人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、トランクルームでの楽器保管の特徴について紹介していきます。

楽器の保管には、理想的な環境がある

楽器には、弦楽器や管楽器など様々な種類があります。大きさや素材は楽器によって全く異なりますが、どの楽器にも共通した保管環境があります。

楽器保管に理想的な温度はどのくらいか

楽器保管では、まず、温度に注意が必要です。楽器を保管するのに理想的と言われている室温は、15~25℃です。これ以上高くなってしまうと、楽器についている塗装や樹脂、接着剤が溶けてしまうことがあるので、高温には注意が必要です。

楽器保管には湿度は関係あるのか

温度と同様、湿度もだいたい決まっており、楽器保管には湿度40~50%が理想的です。楽器は乾燥しすぎてしまうと、ひび割れが起こってしまうこともあります。適度な湿度が楽器を安全に保管します。

湿度や温度以外の環境

湿度や温度以外で重要なのが、「日当たり」です。楽器に日が当たりすぎてしまうと、塗装が日焼けしてしまい、色が変わってしまうこともあります。直射日光の当たらない場所を選んで保管することが大切です。また、害虫による劣化も考えられるので、防虫環境が整っているところを選ぶと良いでしょう。

楽器の保管には屋内型トランクルームがおすすめ

自宅以外で楽器を保管する際、おすすめなのが、「屋内型トランクルーム」です。屋内型のトランクルームとは、ビルの1室やワンフロアを利用してつくられたトランクルームです。コインロッカーの様に並んでいるものもあれば、大きなものを保管できるトランクルームもあります。
では、屋内型トランクルームがおすすめの理由はなんなのでしょうか。

温度管理や湿度管理が行き届いている

屋内型トランクルームでは、ほとんどの場合、温度管理や湿度管理が徹底されています。そのため、季節にかかわらず、湿度や温度を一定に保つことができるので、楽器の保管にも最適です。

エレベーターが付いているので運搬が楽

屋内型のトランクルームでは、運搬の負荷も考慮された作りになっているのが一般的です。特にビルのワンフロアを屋内型トランクルームとしているところは、エレベーターが付いているところがほとんどです。エレベーターが付いていたり、運搬が楽な屋内型トランクルームは楽器の出し入れも気軽に行うことができるでしょう。

害虫の心配がない

屋内型のトランクルームは、ビル自体の入り口とトランクルームの入り口の二重構造になっているため、害虫が入ってにくい構造になっています。そのため、害虫の心配なく、楽器を保管することができます。

楽器の持ち出し時には結露にも注意する

楽器をトランクルームに出し入れする際は結露への注意が必要です。結露は温度差が激しい時に発生します。トランクルーム内の温度より外気温が高い場合や、外気温がトランクルーム内と比べると低い場合などは、結露が発生し、楽器が傷んでしまうことがあるので、注意が必要です。

まとめ

置く場所がない楽器や捨てるのにはもったいない楽器の保管には、屋内型のトランクルームがおすすめです。屋内型のトランクルームであれば、楽器の保管に適した湿度や温度を一年中保つことができます。ぜひ、楽器の保管にお悩みの方はトランクルームをご利用ください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970