衣替ごとに悩まされる「虫食い」を解決する方法

衣替ごとに悩まされる「虫食い」を解決する方法

BY: MAGAZINE編集部

衣替ごとに悩まされる「虫食い」を解決する方法

衣替えで久々に服を出したら虫食いにあっていた・・・なんてことになってしまうとその洋服は二度と着れません。気に入っていた洋服が虫食いのせいで着れないなんてもったいないですし、何より悲しいですよね。
今回は洋服を守るために効果的な虫食い対策を紹介していきます。

虫食い対策は衣替えの際に行うのが効果的

洋服の虫食いを防ぐには衣替えの前に行うのが理想的です。衣替えをした後、オフシーズンの洋服はほとんど外に出されることがありません。なので、衣替えの前にきっちりケアをして虫に食われにくい状態でしまっておくのが最適です。
では実際にどんなケアをしていくのが良いのか見ていきましょう。

洋服をしまう前にクリーニングや洗濯を行う

洋服にはたくさんの汚れがついています。例えば、埃や食べこぼし、皮脂よごれなどが洋服の汚れとして挙げられます。実はこの「汚れ」が虫食いの原因となっている場合がたくさんあります。
汚れの中でも食べこぼしや皮脂よごれは害虫の餌になりやすいです。また、肌から吸ってしまった汗も害虫は餌にしています。なので、衣替えで長い間しまっておく洋服はしまう前にクリーニングに出したり洗濯して、汚れを綺麗に落としておくのが大切です。

洋服をブラッシングする

洗濯物を外に干しておく人も多いのではないでしょうか。外に洗濯を干しておくと肉眼では見えない害虫がついている場合があります。あるいは卵がついてしまっている場合もあります。これではせっかく洗濯したのにまた虫に食われてしまいます。なので、しまう前にブラッシングをして表面についた害虫や卵を払っておきます。

防虫剤を必ず一緒にいれる

洗濯やクリーニング、ブラッシングで丁寧にケアをしても、家のわずかな隙間や歪みから虫が入り込んでしまうことも考えられます。なので、必ず防虫剤も洋服と一緒に入れておくようにしましょう。防虫剤の成分は空気よりも重いという特徴があるので、洋服の上に置くと全体に防虫剤の成分が行き渡ります。クローゼットに防虫剤をおく場合は置き型よりもハンガーのようにかけておくタイプが望ましいです。

洋服ダンスの衣替えは湿気の少ない乾燥した日に行う

湿気が多くなると害虫が活動しやすくなってしまいます。収納場所に湿気がこもらないように衣替えは湿度の低い乾燥した日に行うのが理想的です。どうしても湿気が多い時に衣替えを行う場合は、洋服と一緒に乾燥剤を一緒に入れておくのが望ましいでしょう。

衣替え後も換気を行うとより虫食いを予防できる

衣替えで洋服を入れ替えた後も適度に換気を行うとより虫食いを予防することができます。また、効果が切れる前に防虫剤を取り替えておくことも大切です。

自宅の収納ではなくトランクルームを利用する

古い家や湿気が多い家はどんなに気をつけていても害虫が湧いてしまいことが多いです。もし、ケアをしても虫食いが多いという場合にはトランクルームを利用すると良いでしょう。洋服を保管する際には屋内型のトランクルームが最適です。中でもロッカータイプのトランクルームは洋服をかけて収納することができます。

まとめ


洋服を虫食いから守るためには、衣替えの時適切なケアが必要になります。虫に食われないための主なケアは以下の4つです。
①洋服をしまう前にクリーニングをかけるか洗濯をして汚れを落とす
②外干しした洋服をブラッシングして服についた害虫を払う
③収納した洋服の上に防虫剤をおく
④洋服ダンスやクローゼットの衣替えは乾燥した日に行う
また、衣替えで洋服を入れ替えた後も適度に換気をすることでより、害虫を防止することができます。
それでも害虫の被害に遭っているという場合にはトランクルームの利用をオススメします。屋内型のトランクルームなら、洋服も安心して保管することができます。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970