出番の少ない洋服はトランクルームで収納しよう!

出番の少ない洋服はトランクルームで収納しよう!

BY: MAGAZINE編集部

出番の少ない洋服はトランクルームで収納しよう!

洋服の中には決まった時期や行事にしか着ることがない服があります。
例えば、冠婚葬祭で使うフォーマルスーツや子供の七五三で着る着物、成人式で使うような振袖やパーティードレスなどが挙げられます。

これらの衣類は普段あまり使う機会がなく、タンスやクローゼットにしまったままになっていることが多いです。そのため他の洋服をしまうスペースを圧迫してしまい、収納スペースをなかなか増やすことができないと悩んでいる人も多いでしょう。

そのような悩みの解決方法としておすすめなのがトランクルームです。
今回は洋服などの保管に最適なトランクルームを紹介します。

洋服の保管で注意すべきトラブル

トランクルームで洋服を保管する際に注意したいのが「カビ」「結露」「害虫」「日焼け」の4つのトラブルです。
カビは夏場などの時期、つまり湿度や温度が高くなると発生しやすくなります。結露は反対に冬場に多いです。冬の屋外の気温と部屋の中の暖かい室温の差によって起こります。
このカビや結露によって服が劣化し、着られなくなってしまうということは避けなくてはなりません。
また、ずっと洋服を保管するためには、虫食いから洋服を守る対策や日焼けによる変色を避けることも大切です。
これらのトラブルに見舞われないようにトランクルームを選ぶ必要があります。

洋服保管におすすめなのは室内型のトランクルーム

屋内型のトランクルームは洋服の保管におすすめです。
屋内型のトランクルームの多くには空調設備が付いています。いくつかある空調設備の中でも冷暖房や除湿機があるトランクルームが一番洋服の保管に向いています。
このタイプのトランクルームは、高温多湿になりにくく、カビを防ぐことができます。
また、室内型のトランクルームはビルや建物の中に設置されているので、屋外の気温の影響を受けることなく保管することができます。そのため結露に見舞われることもありません。
また屋外に設置されているトランクルームと違い、虫がトランクルーム内に入ってくるということもないでしょう。
さらにビルや建物の1フロアにトランクルームを並べているので、日差しがトランクルーム内に入り込み服が日焼けしてしまうなんてこともありません。
これらの理由から室内型のトランクルームが一番洋服保管におすすめです。

フィッティングルーム付きトランクルームならもっと便利に

イナバボックスの室内型トランクルームの中には、フィッティングルームが併設されているトランクルームがあります。このフィッティングルームが併設されているトランクルームはとても便利です。
トランクルームに保管している服が必要になった時は、手荷物だけ持っていきます。服を取り出した後は、フィッティングルームがあるのでその場で着替えることができ、そのまま出かけられるのでとても楽です。もちろんセキュリティーは万全なので、安心して着替えることができます。

まとめ

 

晴れ着やフォーマルスーツ、振袖などの決まった時期にしか着ないような服は、家のタンスやクローゼットにしまっておくと他の洋服を収納するスペースを圧迫してしまうので、トランクルームでの保管がおすすめです。晴れ着やフォーマルスーツなどをトランクルームで保管する際は「カビ」「結露」「害虫」「日焼け」の4つのトラブルに気をつけて保管する必要があります。
そのためにも一番おすすめなのが屋外型のトランクルームです。このタイプのトランクルームであれば、冷暖房や除湿機能があるものが多いです。またトランクルーム内に日差しや害虫が入ることもありません。
さらに、イナバボックスの屋外型のトランクルームにはフィッティングルームが併設されているものもあるのでとても便利です。
着る機会の少ない服の収納で悩んでいる人は、ぜひトランクルームを利用してみてはいかがでしょうか。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970