岡山県のトランクルーム一覧

3件の物件がヒットしました

表示順
西川原店(屋内タイプ)
月額価格 3,600 円~17,000 円
広さ 0.5~3.6畳
所在地 岡山市中区西川原134-1の隣
アクセス 山陽本線西川原駅より徒歩7分
最寄駅 山陽本線西川原駅

原尾島店

屋外型
原尾島店
月額価格 5,000 円~30,000 円
所在地 岡山県岡山市中区原尾島825-1付近
アクセス JR山陽本線・赤穂線 高島駅 徒歩21分
最寄駅 JR山陽本線・赤穂線 高島駅

西川原店

屋外型
西川原店
月額価格 3,000 円~23,000 円
広さ 0.5~8.5畳
所在地 岡山県岡山市中区西川原
アクセス 西川原駅から徒歩7分
最寄駅 西川原駅

岡山県について

岡山県は中国地方の南東部にあり、瀬戸内海に面しています。人口は190万人(平成30年8月1日現在)で、面積は2,219㎢、県の木はアカマツ、県花はももの花、県鳥はキジです。県庁所在地は岡山市で、2009年に全国で18番目の政令指定都市とされました。岡山市と倉敷市に約120万人が居住し、県の人口の約62%が集中しています。瀬戸内の気候と地勢を活かし、独自の文化圏をつくり、中国・四国地方の交通網の要衝として発展を続けています。文化面では、大和地方と並ぶ古代吉備の文化発祥の地として栄え、桃太郎伝説や温羅伝説が有名です。現在に至るまで多様な産業、経済、文化の振興に大きく寄与してきました。交通面では、県内縦横に延びる高速道路網、新幹線をはじめ東西南北につながる鉄道、国内外へ飛び立つ岡山空港など、交通基盤が充実しています。また、岡山県は県立図書館個人貸出数全国1位でもあり、読書家が多い県でもあります。

岡山県の土地柄

岡山県は山や川、そして海が揃っている自然豊かな地域です。山陽道の中央に位置し、東は兵庫県、西は広島県に隣接しています。南は瀬戸内海を臨んで四国に、北は山陰地方と接しており、 中四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にあります。県北部は、中国山地と盆地、中部は吉備高原などの丘陵地、南部は平野に大きく分けられます。 県北部は山と温泉に、南部は穏やかな海と多島美に恵まれ、美しく彩られた瀬戸内が広がります。中国山地に源を発する3つの河川(吉井川、旭川、高梁川)は、良質で豊かな水を常にたたえ、生活用水、工業用水、農業用水として利用されています。また、岡山県はくだものの産地としても有名です。温暖な気候を生かして、全国有数の質の高い農業が営まれてきました。清水白桃、マスカット、ピオーネは栽培面積、品質とも全国一を誇っており、海外でも岡山ブランドとして高く評価されています。清水白桃は全国シェア66.1%、マスカット・オブ。アレキサンドリアは全国シェア98.2%、ピオーネは全国シェア39.4%となっています。

岡山県の歴史

「岡山」とは元々現在の岡山城のある場所に存在した小高い丘のことを指して呼んだものでしたが、戦国時代に形成された城下町を含めて岡山と呼ぶようになったことから由来します。日本三名園で有名な後楽園は江戸時代に作られ、明治維新の際に岡山藩から「岡山県」ができました。 1972年に山陽新幹線の新大阪~岡山間が開通し、 1988年には新岡山空港が開港、瀬戸大橋が開通しました。岡山県の伝統行事として、毎年2月に行われる西大寺の会陽(別名裸祭り)や、源平合戦の戦死者を弔うために始められた白石踊、「天の岩戸開き」や「大蛇退治」などの神話を基に創作された備中歓楽、素朴で優雅な盆踊り、大宮踊などが挙げられます。これらは全て国指定の重要無形民俗文化財とされています。これらの他にも、吉備津彦神社の御田植祭、鴻八幡宮祭りばやし、唐子踊、横仙歌舞伎、誕生寺二十五菩薩練供養、二上山護法祭(などの県指定重要無形民俗文化財があり、文化の歴史が色濃く残っています。

岡山県の制度

岡山県は人口が増え続けており、四国地方の中でも岡山市や倉敷市は人口の多い街となっています。そんな岡山県では、県政において最上位に位置付けられる総合的な計画「新晴れの国おかやま生き活きプラン」を策定しています。このプランは、すべての県民が明るい笑顔で暮らす「生き活き岡山」の実現を掲げています。平成29年度からの4年間で取り組む重点戦略や施策、例えば「学力向上プログラム」、「子育て充実支援プログラム」、「攻めの農林水産業育成プログラム」、「観光振興プログラム」などを盛り込んでいます。
「学力向上プログラム」では、県外先進校へ派遣した教職員による研修成果、授業づくりのワークショップを行う「岡山教師力アップセミナー」や、中学生対象の「イングリッシュキャンプ」を行っています。「攻めの農林水産業育成プログラム」では、過疎化や高齢化が進む農業において、若い担い手を確保するために、東京や大阪で就農希望者に対する講座を行なっています。「観光振興プログラム」では、後楽園の期間限定ライトアップを行う「幻想庭園」を開催し、入園者数の増加目指しています。

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970