群馬県のトランクルーム一覧

2件の物件がヒットしました

表示順

伊勢崎宮子店

屋外型
伊勢崎宮子店
月額価格 10,000 円~27,500 円
所在地 群馬県伊勢崎市宮子町3478-4の隣
アクセス JR両毛線 駒形駅 徒歩23分
最寄駅 JR両毛線 駒形駅

高崎並榎町店

屋外型
高崎並榎町店
月額価格 2,000 円~26,000 円
広さ 0.3~11.0畳
所在地 群馬県高崎市
アクセス 北高崎駅より徒歩11分
最寄駅 北高崎駅

群馬県について

群馬県の人口は1,973,115人の関東北部に位置する県で、面積は6,362.28㎢です。県北西部は温泉・保養地であるとともに、ダムによる電力・上水道供給地にもなっています。県南東部は都市化が進み、高崎市にはJR上越新幹線が通っており、東京まで約53分で行くことができます。群馬県は自然風土に恵まれていて、自然に関するレジャースポットが有名です。中でも有名なのが草津町の草津温泉です。年間浴客数はおよそ280万人にも及びます。また、群馬県では山や川を使ったアクティビティも人気です。夏は川下りやキャンプをしに、県外から多くの人が群馬県に訪れます。冬はスキーが人気で、「たんばらスキーパーク」や、「丸沼高原スキー場」など、スキー場が多くあります。そして、群馬県は天の川を肉眼でも見れる県立群馬展望台もあります。関東地方では中々見られないため多くの観光客が星を見に群馬を訪れます。都心から近いため、どれも日帰りで行けるという点も魅力の一つとなっています。

群馬県の土地柄

群馬県の花はレンゲツツジで、県の木は黒松です。県鳥は日本だけに住むキジ科の「ヤマドリ」です。群馬県の面積の大きさは21番目に大きい県となっています。関東地方では栃木の次に大きい県です。群馬県の形が羽ばたく鶴に見えることから上毛かるたの中に「つる舞う形の群馬県」という札があります。県庁所在地は群馬県の南西に位置している前橋市です。群馬県では自然風土や文化歴史などに恵まれ、米麦栽培、養蚕、繊維工業などの産業の他に畜産業、野菜栽培といった食品産業が盛んです。特に野菜の栽培が盛んで、年間を通して様々な野菜が育てられています。野菜は県の農業産出額の4割を占めており、平成28年度の野菜産出額は全国6位となっています。特にキャベツの生産量は全国1位、きゅうり、枝豆、ふきは生産量全国2位です。県民性としては、口調が荒く、気が強そうというイメージを持たれがちですが、実は真面目で、柔軟性が高く、情に厚いと言われています。

群馬県の歴史

古代、現在の群馬県の地域には上毛野国という国がありました。その中に「車評」(「評」は後に「郡」となる)と呼ばれていた地域があったとされています。奈良時代に、国名「上毛野国」は「上野国」に、郡名は「群馬郡」に改められました。そこから群馬県の名前がきています。明治4年の10月28日、廃藩置県により、高崎・前橋の大部分を含み栄えていた「群馬郡」から今の群馬県ができました。この日にちなんで、10月28日は群馬県民の日となっています。群馬県では絹織物が有名ですが、現在も盛んに行われています。初めて日本で作られた製糸工場の、富岡製糸場が世界遺産として登録されています。富岡製糸場は1872年にフランスの技術を導入して作られた製糸工場です。生産量の限られた生糸の大量生産によって、生糸を世界中に広めることができました。富岡製糸場は今も観光名所となっていますが、他にも大河ドラマ「真田丸」で人気となった「沼田城趾」や、名胡桃城址など、群馬県には城趾が多くあります。

群馬県の制度

群馬県が一番力を入れている政策は人口減少対策です。人口の減少が進む群馬県は、「群馬で暮らし、住み続け、家族を増やしたくなると思える社会づくり」を目指しています。具体的には、過度な首都集中を見直し、企業の本社機能や生産機能を地方へ分散させたり、国での奨励金や税制措置を行わせたりすることを目指しています。また、交流人口の増加促進、若者をはじめとした雇用創出の仕組みづくりをし、人口増加を計っています。群馬県は子供の教育にも力を入れています。若者職業支援や高校生インターンシップの促進、高大連携プロジェクト等、若物の職業感を根付かせる政策を行っています。他にも、食育教材を独自に作成したり、毎月19日を「家族でいただきますの日」とし、家族で食卓を囲み、食事の大切さを伝える「食育」も盛んに行われています。また、群馬県は子育て支援も充実しています。中学校を卒業するまで、自己負担なしで入院・通院ともに医療を受けれる医療費の無償化、第三子以降の保育料免除など、子育てにかかる費用を軽減しています。

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970