バイクをトランクルームで保管する際に必要な広さとは

バイクをトランクルームで保管する際に必要な広さとは

BY: MAGAZINE編集部

バイクをトランクルームで保管する際に必要な広さとは

バイクが趣味の方にとっての悩みであるのがバイクの保管方法です。バイクはかなりの大きさがあるので、住宅によっては保管できないこともあります。

家以外の保管先の候補としてトランクルームがあります。しかし、トランクルームには、様々な広さがありどれがいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、トランクルームでバイクを保管するメリットやサイズについてご紹介します。

外にバイクを保管しておくとどうなってしまうか

バイクの保管場所としてよく挙げられるのが、屋外です。屋外に保管しておくと
・セキュリティの問題
・痛みやすい
などのデメリットがあります。

セキュリティの問題

屋外は、人目につかないという特徴があります。そのため、盗難の可能性が高いです。しかし鍵をかけていれば大丈夫だと油断してはいけません。バイクの部品だけ盗難に遭うパターンも見受けられます。

セキュリティ問題の対策には、防犯カメラなどのセキュリティが必要になってきます。

痛みやすい

屋外で保管する場合、雨風に晒されるためサビがついて、劣化しやすくなってしまします。
対策としては、バイクカバーをかぶせることです。しかし、ただバイクカバーをいつもかけていれば安心というわけではなく、雨の後はバイクカバー内の湿度が高くなるため外して自然乾燥させるなど環境に合わせる必要があり、手間がかかります。

バイクをトランクルームで保管するメリット


外でバイクを保管することは、バイクのセキュリティや劣化に問題があります。

一方で、屋内であるトランクルームで保管すると
・盗難対策になる
・劣化を防ぐことができる
・メンテナンスが楽になる
といったメリットがあります。

盗難対策になる

まず、コンテナ自体に鍵をかけられるため、盗難のターゲットとしてハードルが高くなり盗まれる可能性が低くなります。また、トランク内に保管すると視覚的に車種を特定することが難しくなるのでより盗難対象から外れやすいです。
屋外での保管での被害として多い部品の盗難やいたずらされるリスクも低くなります。

劣化を防ぐことができる

雨風の影響を受けないため、劣化を防ぐことができます。天候によって、保管方法を変えたりする必要もないので手軽です。また、長期間使わないことがあっても、屋外での保存より痛みが少なくなるので長くバイクを使うことができます。

メンテナンスが楽になる

劣化を防ぐことができることに影響し、屋外で保管するよりメンテナンス回数を減らすことができます。またトランクルーム内でもメンテナンス作業が行えます。

バイクを保管するために必要なトランクルームの広さ

バイクを保管するためにトランクルームを探す際は広さをはじめとした注意点があります。契約してから、バイクが入らないや使いにくいといったことがないように以下の点をチェックしてトランクルームを決めましょう。

必要な奥行きを調べる

自分のバイクと、トランクルームの奥行きが足りているかチェックしましょう。トランクルームによっては、バイク用のトランクルームがあります。

しかし、トランクルームのサイズとバイクのサイズが合わず、入らないということもあるので、バイク用だから大丈夫と侮らず、しっかり確認するのことが重要です。

間口も忘れずに確認する

奥行きは足りていても、幅が足りないということはよくあります。バイクを入れるにあたって、自分もトランクルーム内に入る必要があるので、その点もチェックしましょう。

また、トランクルームによっては表記よりも入口が狭い場合もあります。出し入れをするという視点も考慮することが重要になります。

広さ以外にも注意すること

トランクルームの広さ以外にも注意しておく必要があるポイントが2点あります。

◉トランクルームの段差
多くのトランクルームには段差があります。段差でバイクを持ち上げるのは一苦労です。そのため、スロープがついてるか、もしくは借りられるかを確認すると良いでしょう。また、実際にスロープを見せてもらうとより安心です。

◉トランクルームまでの道
トランクルームまでの道の幅が足りず、トランクルームにたどり着けないとなってしまっては元も子もありません。入口からトランクルームまでの道のりをチェックしておきましょう。特に、曲がり角にしっかり曲がれるだけの広さがあるか確認するのがおすすめです。

まとめ

バイクをトランクルームに保管するのは、盗難や劣化を防ぐというメリットがあります。その一方で、バイクの大きさに見合ったサイズでないと契約してから苦労するということもあります。バイクの大きさを考慮して、トランクルームの広さを決定するようにしましょう。

また、トランクルームの広さだけでなく、段差などにも考慮して選ぶとより利便性が高くなります。
トランクルームでバイクを保管し、快適なバイクライフをお過ごしください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970