収納スペースがないときの3つの解決方法とは?

収納スペースがないときの3つの解決方法とは?

BY: MAGAZINE編集部

収納スペースがないときの3つの解決方法とは?

誰しも部屋はキレイに保ちたいものですよね。
しかし、欲しいものを買えば買うほど収納スペースが少なくなっていき、部屋は散らかってしまうということがあると思います。
「いつの間にか部屋に物が溢れてしまう!」「収納スペースが足りない!」そんな方に向けて、誰でもすぐに実践できる収納スペースを増やす方法について解説していきます。

収納スペースを増やす方法

収納術を身につける

収納スペースが十分にあっても、綺麗に整頓されていなければ、いくら収納スペースがたくさんあっても足りません。まずはスペースを有効的に活用するためにも、キレイに収納することがとても重要です。

クローゼットの中をカラーボックスなどで仕切る

クローゼットの中をカラーボックスなどで仕切る方法は、「収納内収納」ともいわれています。カラーボックスやチェストに分けて収納することで、スペースを上手く活用できるだけでなく、見栄えもとても良くなります。クローゼットや棚と違い、カラーボックスなどは100円均一などで安価に手に入れることができるのも魅力です。

シーズンオフの衣類などはまとめて収納スペースの上段に収納

シーズンオフなどでしばらく使用しないものは小さくまとめて上段に収納しましょう。  逆に、良く使うものや近々使用する予定のものは手に取りやすいところに収納する等の工夫をすることもキレイに保つには重要です!

このように、簡単に今ある収納スペースを上手く活用することで収納できる量を増やすことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

デッドスペースを活用する

「デッドスペース」とは、設計上どうしても出て来てしまう利用するのが難しい空間のことを言います。例えば、ベットの下やキッチンの隙間スペースなど住宅によって様々あります。収納術もたくさん調べて、もうこれ以上クローゼットや押入れには入らない!そういった時には、ぜひこのデットスペースを活用して収納スペースを増やしてみることをおすすめします。

まずは、家の中にある隙間や活用できそうな空間がないか探してみてください。突っ張り棒や収納ボックスを活用することでデッドスペースをさらに有効に活用することもできます。

断捨離

ここまでカラーボックスを使った収納術やデッドスペースを利用した収納を紹介して来ましたが、それでも収納しきれない場合は、「断捨離」をおこなうことも検討しましょう。
断捨離とは、持ち物を見直し、必要ないものを捨てていくことです。
収納スペースを増やし部屋をキレイに保つにためには、断捨離が最も効果的です。
断捨離をすることで収納スペースを一気に増やすことができます。
しかし、断捨離の際に家族の思い出のものを捨ててしまいトラブルになるといったこともありますので、家族と暮らしている場合は持ち主本人と一緒に確認しながら断捨離をすることをオススメします。

トランンクルームを活用する

最も簡単に手間なく収納スペースを増やす方法が、トランクルームです。
トランクルームを契約し、利用することで自宅以外の場所に収納スペースを増やすことができます。
例えば、冬の時期にしか使わないスキー用品などオフシーズンで使わないものや、テントなどの頻繁に使うことはないレジャー用品、思い入れのあるトロフィーなど「捨てることはできない大切なもの」を保管するのに向いています。

トランクルームは完全にプライベートな空間なので、周りを気にせず利用することができます。大きさや使用する人、用途によって様々な種類のものがあるので、自分にぴったりの収納スペースとして活用できます。

まとめ

今回は「収納スペースを増やす方法」についてまとめましたまずは断捨離と自宅でできる収納術を活用してみてください。ただ、オフシーズンのものや収納できなかったものに関しては、「トランクルーム」を活用することで上手に収納をすることができます。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970