【初心者必見】土地活用の種類と特徴を紹介

【初心者必見】土地活用の種類と特徴を紹介

BY: MAGAZINE編集部

【初心者必見】土地活用の種類と特徴を紹介

もし活用していなくて土地を持っているだけで費用や管理の手間がかかってしまいます。しかし手放すとしても先祖代々から受け継いだ土地でできないと考えている方も多いと思われます。今回は、土地の悩みを抱えている人に向けて、土地活用の種類と特徴を紹介します。

土地活用の種類を紹介

土地活用で有名なものとして、アパートやマンション、ビルといった方法があります。土地の面積や、立地によって得意な運用方法が異なってきます。また、土地活用をすると、相続税や固定資産税を減らすことができます。さっそくですが、土地活用の種類を紹介します。

駐車場経営

駐車場経営は、マンションやアパートと比べて、安い資金で資産運用を始める事ができます。駐車場には時間単位で料金を決める、コインパーキングや、月ごとに料金を決めてかしだす、月極駐車場があります。月極駐車場はコインパーキングと違い、機械の設置が必要ない事から表記費用を抑えて、土地活用を始める事ができます。

アパート・マンション経営

アパート・マンション経営は、部屋の利用率にもよりますが長期間安定した収益を望めます。土地の固定資産税と都市計画税を大きく減らす事ができるので、広い土地を持っているほど、メリットが大きくなります。しかし、修繕費や管理費といったランニングコストがかかる点や、入居者が集まらなかったとき、収益が上がらない他に、別の土地活用への転用がしにくいといったデメリットがあります。

太陽光発電

太陽光発電で発電した電気を電力会社に買い取ってもらう事で収益を得る土地活用です。太陽光発電で得た電気の価格は20年間保証されているので電気の買い取り価格の低下を心配する必要がありません。しかし、日照量の低い期間が長いと発電量が減ってしまい、収益も下がってしまいます。また、定期的なソーラーパネルや周辺機器のメンテナンスが必要です。

トランクルーム経営

トランクルーム経営とは、荷物を預けるための倉庫を貸し出す事です。少ない初期費用で始められます。小さな土地でも運用しやすいので、余った土地を効果的に活用できます。需要が増えてきたことから、近年注目されている土地活用です。また利回りが高く、建物の老朽化による賃料の低下もおこりにくいので利益を出しやすくなっています。しかし住宅用の土地として認められないので、土地の固定資産税を減らすことができません。

 

まとめ

土地活用は立地や土地の規模によって需要が変動するので難しい点が多いです、しかし土地活用をしないまま放置しておくと、収益がないまま税金を払い続けなければいけなくなります。

イナバボックスでは、投資が不要で、安定した収益をお支払いする、「土地一括借り上げ」と毎月の売り上げに連動した高収入が見込める、弊社の施設を地主様に設置しいただき、運営管理を弊社が代行する「パートナーシステム」の2つの土地活用プランをご用意させていただいてます。

屋外なら30坪以上、室内なら20坪から資産運用を始める事ができるので、他の資産運用が難しい土地でも弊社が効率的な運用方法をご提案します。弊社では集客や店舗の清掃、クレーム対応まで代行しているので「土地の活用方法について悩んでいる」「管理が楽な土地活用を知りたい」とお悩みの方はぜひイナバボックスまで、お問い合わせください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970