トランクルーム経営について

トランクルーム経営について

BY: MAGAZINE編集部

トランクルーム経営について

あまり使っていない土地や未利用地などの「余っている土地」を駐車場やマンション・アパートにし、利用することを土地活用と言います。土地活用は、土地所有だけで嵩んでしまう税金を少なくするために行われることが多いです。

しかしみなさんは有効な土地活用ができていますか?

「税金を少なくするはずが、逆に出費が多くなってしまっている」

「利益が出なくなっている」

「利回りがとても低い」

なんてことはありませんか?また「これから土地活用したいけれど、どうすれば良いかわからない」という方もいるのではないでしょうか。今回は、有効な土地活用の一環としてトランクルーム運営とその将来性について紹介していきたいと思います。

土地活用の種類

主な土地活用の種類として挙げられるのがマンションや駐車場などです。実際、都心の方では次から次へと集合住宅が作られていますし、地方では月極駐車場などが多く見られます。

しかし近年、注目されている土地活用のスタイルとして「トランクルーム運営」があります。ではトランクルーム運営とはどのようなものなのか、その将来性から見ていきたいと思います。

トランクルームの将来性

なぜアパートやマンション経営でなく、トランクルームなのでしょう。実は、日本にあるアパートやマンションは20%が空室となっています。住み場所を求める人の割合に対し、マンションやアパートが余っている状態なのです。

一方で、トランクルーム利用者は増加傾向にありますが、トランクルーム自体の普及率がアメリカの10%に対し、現時点で日本ではわずか0.3%という低い数字になっています。

しかし、今後もトランクルーム利用者は増え続け、その業界市場は1000億になると言われています。

その理由は、核家族化と日本の住宅の収納スペースの狭さにあると考えられます。現代の日本は晩婚化が進み、家族形態が多世帯である大家族から夫婦や親子だけで形成される核家族化が進行している状態です。

そのため、大きな一戸建てではなく、マンションやアパートに住むという生活スタイルをとる傾向が増えているのです。しかし、一戸建てに比べるとアパートやマンションには収納スペースが足らないので、結果トランクルームを利用する人が増えているのです。

そのため、飽和状態にあるマンションやアパート経営よりもトランクルーム運営は利益の見込みが高いのです。

トランクルーム運営のメリット・デメリット

メリット

利用者が増え続けている以外に、トランクルーム運営にはたくさんのメリットはあります。まず、運営の費用がマンションやアパート経営に比べると、少なくて済むことです。トランクルーム運営にはガスや水道などのインフラ整備が必要ない上、メンテナンス費用もほとんどかかりません。初期費用などを安く抑えることができます。

また、必要費用が少ないので、投資額も少なくなります。そのためマンション・アパート経営だと利回りは大体良くて8%ですが、トランクルーム運営なら10〜20%の利回りが見込めます。

単純計算で20%の利回りがあれば、およそ5年間で投資額を回収することができ、そのあとは利益を出すことができます。

お金の他にも、メリットはあります。マンション・アパートと違い人が住まないため、マンション経営に見られる入居者間でのトラブルもありません。

さらに立地が悪くても経営できます。日当たり、駅からの距離はマンション経営では欠かせないことですが、トランクルームの場合は駐車や荷物の出し入れに困らない場所であればどこでもできます。

デメリット

一方でデメリットもあります。

まず、集客の手段が限られてしまうことです。

賃貸物件などなら、たくさんのポータルサイトがありますが、トランクルーム運営業界にはありません。そのため、集客の手段が自社でサイトを構築するか、広告、看板などで宣伝するしかないのです。

また、その関係で買い手がつくまでが長いのもデメリットとしてあげられるでしょう。

運営形態

トランクルーム運営には以下の3つの方法があります。

自己運営

利益が全部自分のところに来るので、利回りが一番良い運営形態ですが、コンテナの調達から管理業務など、何から何まで自分でやらなければいけないので大変という特徴があります。

フランチャイズ

大手や既存のトランクルーム運営企業の系列店として提携し、運営していく方法です。

知名度のある企業の看板を借りることになるので、集客しやすいという特徴があります。また、経営者が直接関わる業務が少ないので、労務面で苦を感じることは少ないでしょう。

しかし、フランチャイズ料というものを支払わなければならないため、事故運営と比べると収益性は少なくなります。

一択借り上げ

購入したトランクルームを、別の運営会社が借り上げる方法です。借り上げをした運営会社が経営をしてくので、安定性はありますが、利益がほとんど入ってこないため収益性が最も低いのが特徴です。オーナー様ご所有の土地を運営会社が借り上げ、運営会社から毎月地代を支払われる方法になります。
初期投資がほとんどかからず、毎月の安定収入が見込めるため、リスクを抑えた経営を行いたい方に最適な方法です。

まとめ

トランクルーム運営業はどんどん必要になる業界です。そのため、土地活用の中でも、大きく成長する市場でしょう。余っている土地の活用に困っている皆さん、今こそトランクルーム運営を始めてみませんか。

BY: MAGAZINE編集部

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970