車の長期保管、やるべきこととは?

車の長期保管、やるべきこととは?

BY: MAGAZINE編集部

車の長期保管、やるべきこととは?

出張や入院などが原因で今まで愛用していた車を長期間使用しないなんてことがあると思います。1、2週間程度では気にしなくて良いものですが、期間が長い場合には保管方法にも気をつけなければ、車の寿命を縮めてしまいます。最悪の場合、いざ使おうとしたらエンジンが付かないなんてことも、、、 そんなことにならないためにも車を長期間に渡って保管する際の注意点・やっておくべきことを紹介してい来ます。

車を長期的に保管する際にやっておくべきこと

車の長期保管では方法が重要!

車を動かさずにいると車の様々な箇所に不具合が発生します。正しい保管をすると車へのダメージを押さえる事ができるので紹介していきます。

ガソリンを満タンに入れる

車を長期保存する方によっては、車に乗らないからといって、ガソリンをほとんど使ったまま、保存する人がいます。ガソリンタンクに空間があると、寒暖差の影響によってタンク内水が発生し、錆の原因となってしまいます。ガソリンも長期間保存すると、ガソリンの酸化やヘドロ化が始まり、エンジンの動きを悪くしてしまうため、ガソリン劣化防止材を入れてガソリンの劣化を防ぎましょう。

バッテリーを外す

バッテリーは車を稼働していなくても放電しつづけるため、バッテリーが上がってしまいます。なのでバッテリーを外して、放電を防ぐ必要があります。バッテリーを外して、発電しにくいと言われている、涼しい場所に保管しましょう。

カビ対策を行う

高温多湿の日本では、とてもカビが生えやすく、保管中に車内がカビだらけになってしまう可能性があります。カビが発生しにくい環境を作る為に、車内に除湿剤をおいて防止しましょう。

傷、汚れ対策を行う

もし、野外で保管する場合は、車体への傷・汚れ対策が必要です。直射日光も内装を劣化させてしまう原因の1つなので、カバーシートをかけて防ぎましょう。


車を保管しないという選択肢

車をに乗らなくても、保管をするだけで「車検代」「自動車税」「駐車場代」などのコストがかかってしまいます。

また、長い間乗らないことで故障の原因にもなり、交換・修理・廃車が必要になる場合がかかかるので、車を保管せずに、手放すといった選択肢を選ぶ方も多いです。

車を保管するなら「トランクルーム」という選択肢もあり

最近車を長期保存する方法として、駐車場の代わりにトランクルームを活用する方が増えました。

トランクルームには、車庫やガレージタイプのトランクルームがあります。車庫入れや乗り入れに配所したつくりのトランクルームになっているでで、車の保存におすすめです。

トランクルームを運営しているイナバボックスでは、ガレージタイプのトランクルームも用意しております。「100人乗っても大丈夫」でおなじみのイナバ物置を使用しているので、丈夫で、安全に活用していただけます。

さらに、イナバボックスのトランクルームは充実したセキュリティサービスをご用意しています。出入り口に大手警備会社によるカードキー、ピッキング対応キーの使用、契約者のみの入場といった安心して利用者様に扱ってもらうためのサービスを提供しております。

「駐車場に保管するスペースが無い」「屋内に車を保管したい」「セキュリティがしっかりした所に車を置きたい」とお悩みの方は、ぜひイナバボックスのガレージタイプのトランクルームをご利用ください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970