ベッド収納における注意点・トランクルームの選び方

ベッド収納における注意点・トランクルームの選び方

BY: MAGAZINE編集部

ベッド収納における注意点・トランクルームの選び方

しばらく使う予定のないベッドがある時、みなさんはどこに収納しますか?
自宅が広く、収納できるスペースが十分にあれば問題はないですが、使用しないベッドを収納できるスペースのある住まいはなかなか無いと思います。

自宅の収納スペースを圧迫しないために、トランクルームで保管するということも可能です。
今回はベッドをトランクルームで保管する際の注意点を紹介していきます!

ベッドの保管場所

ベッドはシングルサイズでも非常に大きく、収納場所に困りがちです。
処分してしまうという選択肢もありますが、ベッドは比較的高価であり、買い換えることも少ないため、まだ使う予定があるのであれば綺麗に保管しておきたいものです。

では、ベッドはどこに保管しておくことができるのでしょうか。

自宅の収納スペースで保管

自宅に物置やロフトなどに収納スペースを確保できる方は自宅で収納しましょう。
そのまま収納するにはサイズが大きすぎる場合は、解体することで収納しやすくなります。
自宅で収納する際は、湿度管理や害虫対策にも気を付けましょう。

トランクルームで保管

自宅にベッドを収納できるスペースがない場合は、トランクルームをおすすめします。
長期・短期保管に対応することができ、自宅の空いたスペースを有効活用することができます。

トランクルームで保管する際の注意点

トランクルームでベッドを保管する場合に注意しないといけないことがあります。
使う時にベッドがひどく劣化しているといったことがないためにも、保管方法には気を使うようにしましょう。

乾燥させる

ベッドにとって湿気は最大の敵です。特にマットレスを保管する時は乾燥に注意しましょう。
人間は寝てる間にも汗をたくさんかくので、マットレスは湿気を含んでいることがあります。
湿気をもった状態で保管は、カビが発生する原因になります。

天気の良い日の昼間にしっかりと干してからトランクルームに保管するようにしましょう。
また、保管する前に乾燥させるだけでなく、トランクルーム内にも除湿剤などで湿気がこもらないようにしておく工夫も必要です。

直置きはダメ

床は部屋の中で一番空気が冷たくなる場所です。ベッドを床に直置きにしてしまうと、床との間に湿気がこもりやすく結露ができてしまうことがあります。結果としてカビの原因になってしまうので、すのこなどを利用して浮かせておくことが重要です。

トランクルーム選びのポイント

トランクルーム選びのポイントとしては業者の認知度や評判のほかに、料金やセキュリティと様々な項目があります。
【トランクルームの選び方】
では、ベッド収納におけるトランクルーム選びのポイントは何があるのでしょうか。

屋内のトランクルームのほうがおすすめ

トランクルームには屋内で保管するタイプと屋外のコンテナで保管するタイプがあります。
屋外タイプでは空調設備が整っていないことが多くあります。
屋外コンテナでも保管は可能ですが、できるだけ良い状態で保管をしたい場合には屋内で空調設備が整っているトランクルームがおすすめです。

自宅から近くて低層のトランクルームがおすすめ

ベッドに限らず言えることですが、自宅からの距離もとても重要です。
ベッドは比較的取り出す頻度は低いと思えますが、必要になった時にすぐに行くことができる距離のトランクルームを選択しましょう。

また、ベッドは運ぶのが大変であるため一階のトランクルームがよいでしょう。
しかし、二階のほうが料金相場が安く設定されていることが多いので、予算と相談しながら決めてみてください。

まとめ

使わないベッドを収納できるスペースがある住まいは少ないと思います。
自宅で収納するスペースがない場合は、トランクルームに預け入れましょう。

また、ベッド本体やマットレスの劣化を防ぐためにも湿気が一番の天敵になります。
ぜひ、湿気対策は十分行いながら保管して、次に使用する際まで綺麗に保管しましょう。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970