引越しで粗大ゴミを処分する簡単な方法!

引越しで粗大ゴミを処分する簡単な方法!

BY: MAGAZINE編集部

引越しで粗大ゴミを処分する簡単な方法!

引越しをする際、ついでに家具や家電を新しく買い換えようと考えている方も多いのではないでしょうか。心機一転、新しい家具や使いやすい家電と一緒に新生活を迎えたいですよね。
しかしそんな時、ネックになってしまうのが「粗大ゴミ」です。
引越しを機に家電や家具を買い換えるということは、これまで使っていた家具や家電を処分する必要があります。燃えるゴミや資源ゴミと違い、粗大ゴミは大きくかさばるので処分するのも大変です。かといっていつまでも放っておくことはできません。ではどのように処分するのが良いのでしょうか。

引越し時に発生してしまう粗大ゴミとは

日本では粗大ゴミは「縦横高さのどれか一辺が30㎝以上のゴミ」のことを指します。よく粗大ゴミとしてあげられるのが、タンスやベッドなどの家具、洗濯機や冷蔵庫、レンジなどの生活家電などがあげられます。これらは耐久消費財と言われています。

引越し前に粗大ゴミは処分する

粗大ゴミの処分で大切なのが「引越し前に処分すること」です。
引越し後の処分となると、新居にも粗大ゴミを持っていかなければならないからです。せっかく新しく綺麗な部屋に引越ししたのに、粗大ゴミも一緒なのは嫌ですよね。また、粗大ゴミの分引越し費用もかさみます。そうならないためにも、必ず引越し前に処分しましょう。
粗大ゴミの処分方法は主に以下の3つです。

量販店の引き取りサービスを利用する

1つ目の方法は「販店の引き取りサービスを利用する」という方法です。
家電や家電を買い換える場合、それまで使っていたものを引き取ってもらえるサービスを展開している量販店があります。それらのサービスを利用して処分するのも方法の1つです。場合によっては無償で引き取ってもらえることもあります。

自治体の粗大ゴミ回収を利用する

2つ目の方法は「自治体の粗大ゴミ回収を利用する」という方法です。自治体の粗大ゴミ回収に申し込んで、回収場所まで運搬し、引き取ってもらいます。
ただし、自治体によっては回収できる量に限度があったり、自分で運ぶ必要があるので、場合によっては手間になってしまうこともあります。

引越し業者の粗大ゴミ回収を利用する

3つ目の方法は「引越し業者の粗大ゴミ回収を利用する」という方法です。引越しの作業が終わった後に、粗大ゴミを引き取ってもらえるので、一番楽に粗大ゴミの処分を行えます。ただし、全ての業者がこのサービスを行っているわけではないので、注意が必要です。

まとめ

引越しの時に家具や家電を買い換えると発生してしまうのが、粗大ゴミです。
粗大ゴミの処分方法は①量販店の引き取りサービスを利用する②量販店の引き取りサービスを利用する③自治体の粗大ゴミ回収を利用するという3つの方法があります。それぞれ手間や特徴、処分にかかる費用が全く違うので、自分にあった方法で処分しましょう。

BY: MAGAZINE編集部

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970