扇風機をスッキリ収納したい!場所を取らない収納やお手入れ方法を公開

扇風機をスッキリ収納したい!場所を取らない収納やお手入れ方法を公開

BY: MAGAZINE編集部

扇風機をスッキリ収納したい!場所を取らない収納やお手入れ方法を公開

暑い夏に活躍する扇風機。エアコンに比べて電気代が安く手軽に涼しくなれるという一面、サイズが大きく収納スペースに困るのが難点です。

特に夏場が終わり涼しい季節になると使う機会はぐっと減りますよね。収納場所に困って部屋に放置したままだと、部屋が片付いていない印象になってしまいます。

綺麗な部屋にするためにも使わない扇風機は収納を行うことが重要です
今回、扇風機の様々な収納方法を紹介しますので、自宅のスペースに合った方法を見つけてぜひ実践してみてください。

扇風機を収納する前に必要なお手入れとは

ワンシーズン使った扇風機には意外とほこりや汚れがついているもの。汚れをそのままにして収納してしまうと、落ちづらくなってしまいます。そこでまずは扇風機を収納する前のお手入れ方法について解説します。

掃除機でほこりを吸う

まずは扇風機についているほこりを掃除機を使って吸い取っていきます。扇風機の外側には多くのほこりが溜まっているので短い時間で効率よくほこりを掃除できます。

カバーと羽を外して内側を掃除する

外側を掃除したら次は内側の掃除です。取扱説明書に従って、扇風機のカバーを外していきます。カバーや羽根に付着したほこりを同様に掃除機で吸っていきます。

雑巾で隅々まで拭く

掃除機でほこりを吸い終わったら、細かい汚れを取っていきます。濡れた雑巾で羽根やカバーをすみずみまで拭いていきます。

乾かして再度組み立てる

乾く前に組み立ててしまうとぬれている間にほこりが溜まってしまいやすくなりますので、乾いてから組み立てなおすことが重要です。乾かす際は風通しが良く直射日光が当たらない場所に置いておきましょう。

扇風機をスッキリ収納する方法

扇風機は意外とサイズが大きく収納に困るかと思います。次はスッキリ収納するための収納場所、収納方法について解説していきます。

購入時についてきた箱にしまう

扇風機を箱にしまうことで衝撃から守ることができたり、上に物を重ね置き出来たりするというメリットがあります。購入時の箱を捨ててしまったという方は、扇風機のサイズに合った段ボールを使用するのがおすすめです。箱にしまったあとは、倉庫やクローゼットなどの場所にに収納していきます。収納スペースが少ない場合でも、重ね置きが出来るのでスペースを有効活用しやすくなります。

ほこり除けの布やビニールをかぶせる

箱が無い場合、扇風機に布やビニール袋をかぶせるのもおすすめです。ビニール袋であれば45リットルのごみ袋で代用することが出来ます。簡単にほこりをよけられる分、重ね置きができなかったり、箱よりも本体を保護できなかったりというデメリットはありますので、自分の収納スペースにあった方を選んでみましょう。

分解して収納ボックスにしまう

収納スペースが少ない場合は分解して収納ボックスにしまうのがおすすめです。特に複数の扇風機を持っている方であれば、分解した扇風機をパーツごとに分けてボックスに収納することで収納スペースを有効活用しやすくなります。ただ分解した場合は次に使用するときも組み立てられるように、取扱説明書をしっかり保管したり、同じ扇風機のパーツには同じにしるしをつけたりしておきましょう。

まとめ

扇風機も工夫次第で少ないスペースでスッキリ収納することが出来ます。箱や袋にしまって収納したり、分解して収納したり収納スペースに合わせて収納方法を選ぶことができます。ぜひ本記事を参考にして、自宅の広さやニーズに応じた収納方法を実践してみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970