引越しのライフラインの確保は忘れずに!

引越しのライフラインの確保は忘れずに!

BY: MAGAZINE編集部

引越しのライフラインの確保は忘れずに!

新居で片付けをする際、思ったより必要になるのが電気や水道ではないでしょうか。
電気や水道、ガスなどのライフラインの申し込みを忘れてしまうと、「引越し作業中に掃除ができない」「暗い所や狭い所、日の光が入りにくいところの掃除ができない」「入居してからの掃除がままならない」なんてことになってしまいます。そのため、引っ越す日や入居日に合わせたライフラインの申し込みは必須です。
今回は引越しを円滑に進められるようにするために、ライフラインの申し込みはどのタイミングで行うか、どうやって行うかを紹介します。

ライフラインの申し込みは引越しの3週間前までに行う

引越し準備に追われて連絡を忘れてしまっていたということがないように、早くて引越し日の3週間前、遅くて1週間前までに各ライフライン会社には連絡を入れるようにしましょう。また、中には点検員立会いのもと新居でライフラインが使えるようにしなければいけない場合もあり、その時は希望の日時に予約を入れる必要があります。
特に引越し繁忙期である2月〜3月は予約が埋まってしまうこともあるので余裕を持った連絡を心がけましょう。

各ライフラインの引越し手続き

ガス

退去時にガスを止める場合も引越しした後ガスを開通させる場合も、ガス会社の係員を呼んで作業してもらわなければなりません。退去時にガスを止める場合、ガスは一度契約を止めて使えなくしてしまうと再度開栓することができないので、引越し前日や当日にガス会社を呼ぶのをオススメします。またこの時に日割り計算された使用料を支払う場合もあるので、お金を用意しておきましょう。クレジットカードでガス料金の支払いを行なっていた人は、後日クレジットカードから引き落とされます。
引越し後の新居でガスを開栓する場合は、係員の点検作業や開栓作業に必ず立ち会わなければいけません。必ず自分が立ち会える時間を確保て予約するようにしましょう。

水道

水道も同じように旧居の水道の使用停止の連絡と新居の利用開始手続きを行う必要があります。水道の場合は電話やインターネットで連絡するだけで済むので比較的に簡単に行うことができます。使用停止の連絡時は領収書や検針票を用意しましょう。

電気

電気だけでなく水道やガスも同様ですが、旧居のライフラインの利用停止連絡を怠ってしまった場合、引越し後も料金が発生してしまい支払わなければいけなくなってしまいます。きちんと連絡するようにしてください。電気の場合も会社によってはインターネットや電話で申し込みができます。退去時の注意点として、ブレーカーを落としておく必要があります。忘れずに行いましょう。電気の場合、申し込んでおけば引越し日から即日で使えるので早めに申し込むに越したことはないでしょう。

まとめ

引越し作業が終わって一息ついた時、ガスや電気、水道などのライフラインがないと落ち着いて休むこともできませんよね。また、早めに手続きをしておかないと引越し日や入居日に合わせた生活ができなくなってしまうこともあるでしょう。
中には立会いが利用開始に必要なライフラインもあるので、荷造りなどに追われずに余裕を持って申し込むようにしましょう。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970