掃除も楽々!油汚れを綺麗に落とす方法

掃除も楽々!油汚れを綺麗に落とす方法

BY: MAGAZINE編集部

掃除も楽々!油汚れを綺麗に落とす方法

家の掃除で特に大変なのが、キッチンの油汚れの掃除ではないでしょうか。

油汚れは一度こびりつくと中々落とすことができない、厄介な汚れです。中々落ちない上に、掃除をしている間、手や洋服がベトベトになってしまうので、掃除が億劫になってしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、様々なアイテムを使って、掃除方法を工夫すれば、油汚れは簡単に落とすことができます。今回は油汚れを綺麗に落とせる掃除方法を紹介します。

油汚れの原因とは?

油汚れは、料理などをした際に飛び散った油や気化した油がコンロ周りやレンジフード、換気扇に付着することで発生します。一度熱した油は時間が経つとベタベタになる性質があるため、飛び散った油や気化した油には空気中のホコリがくっつきやすくなります。ホコリが付いた油がやがて頑固な油汚れとなっています。

油汚れを防ぐためには、料理時に換気扇を回して、気化した油を排出する、毎日コンロ周りのお手入れをこまめに行うといった方法が必要になります。

油汚れに効果的なもの


定期的な掃除が必要といっても、忙しくて掃除がおざりになってしまい、油汚れがこびりついてしまったという人もいるでしょう。
そんな時に簡単に油汚れを落とせるアイテムを紹介します。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは、天然素材のアルカリ剤で、主に家庭用の洗剤や入浴剤に使用されています。環境にも優しいと評判のため、現在注目されている洗剤の1つです。

油汚れを落とすときは、水500mlあたり小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かして使用します。キッチンペーパーに染み込ませたり、スプレーにして吹きかけるなどすると効果的です。

重曹

次に効果的なのが重曹です。重曹もアルカリ性の物質のため、酸性の汚れである油汚れに効果的です。
重曹を使って油汚れを落とすときは、食器用洗剤を用意します。重曹50mlと食器用洗剤50mlを混ぜて、キッチンペーパーに塗り、油汚れの部分にパックしていきます。10分つけておくだけで、油が綺麗に剥がれ落ちます。

掃除の際の注意点

掃除する際は、まず服装に注意しましょう。油汚れは服につくと中々落ちなくなってしまうので、エプロンなどをつけて服が汚れないようにします。
また、ゴム手袋などを着用して、掃除をするのがオススメです。掃除後の処理が楽に済ませることができます。

まとめ

油汚れは飛び散った油や気化した油がホコリと一緒に付着することで発生します。

油汚れは酸性のため、アルカリ性の洗剤や物質を使用して落とす必要があります。効果的なのは、入浴剤に使われているセスキ炭酸ソーダやお菓子作りにも使われている重曹です。これらを水に溶かしスプレーにする、キッチンペーパーに浸みこませるといった工夫などで簡単に油汚れを落とすことができます。

是非みなさんも頑固な油汚れに試してみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970