田舎で土地活用を有効に行う方法

田舎で土地活用を有効に行う方法

BY: MAGAZINE編集部

田舎で土地活用を有効に行う方法

田舎を車で走っていると、「売地」という看板が建てられているのをよく見かけますよね。田舎の土地は、都会の土地と比べて活用手段が限られています。

地方の過疎化といった理由からアパートやマンション、ビルなどの一般的な活用方法が通用しないことも多いのが現状です。では田舎にある余っている土地はどのように活用するのが良いのでしょうか。

今回は田舎の土地を所有しているが、活用方法が思いつかない方に向けて、様々な活用方法を紹介していきます。

田舎の土地売買の特徴

土地の所有者が使用していない土地をうまく活用しようと考えた時、土地を貸すか土地を売るという方法が基本です。具体的には、土地を貸して賃料で土地を活用する方法や土地を業者に売り払うといった方法が考えられます。

しかし、基本的に土地を借りるというのは都会のビジネスです。
というのも土地を借りたいニーズは、人が少なければ少ないほど減っていきます。また田舎であれば、十分な広さの土地を持っている人も多いのではないでしょうか。そのため、土地を借りるというニーズは田舎の場合少ない傾向にあります。

また、田舎の土地には圧倒的に土地の売買価格が低いという特徴もあります。土地に人が集まりにくく、土地を借りたいというニーズが少ないため、路線価などといった土地の評価が低い傾向にあります。そのため、土地を売っても都心部に比べ低価格になってしまいます。

しかし安く土地を購入し活用したい人にとっては、田舎の土地はまだまだ需要があると言えます。

田舎におすすめの土地活用とは

駐車場経営

駐車場経営の一番のメリットは、比較的少ない資金で始められることです。失敗したとしてもダメージは小さく、低リスクなのが特徴です。また、都市部では車離れにより稼働率が上がらないことがありますが、田舎はまだまだ車社会なので需要があります。

駐車場経営をする際は、車が出入りさせやすい立地かどうかも検討しましょう。

事業用地にする

田舎の余っている土地の中には車の出し入れがしにくい土地や交通の便が悪い土地もあるでしょう。扱いにくい広い土地にオススメなのが、事業用地として活用する方法です。

事業用地として活用する場合、広い敷地を必要とする一方で、交通の利便性はそれほど問われない工場や高齢者のサービス施設を展開したい企業が土地の買い手として挙げられます。

資材置き場にする

周辺に人がいない田舎の土地では、普段は使わない資材を置く場所として活用することも可能です。あまり高い賃料は取れませんが、ただ土地を貸すだけなので初期投資はほぼ掛からず、固定資産税以上の収益が得られることもあります。

ガレージタイプのトランクルームにする

近年需要が高まり、活気のあるビジネスの一つとなっているのがトランクルーム経営です。トランクルームは土地の条件に左右されにくく、初期費用があまりかからないため、短期の回収を見込めます。

また管理がしやすく、人が住んでいない分トラブルも発生しないのが特徴です。ある程度の広さを求められるため、土地の余る田舎は適しています。

まとめ

田舎の土地は、都会と比較して需要が少ないため難しい点も多いです。しかし、田舎の特徴をきちんと知れば、活用方法はあります。ぜひ土地所有者の方は参考にしてみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970