自宅の駐車場が狭いときの対処法を紹介!

自宅の駐車場が狭いときの対処法を紹介!

BY: MAGAZINE編集部

自宅の駐車場が狭いときの対処法を紹介!

車を持っている人にとって駐車場の確保は絶対に必要です。
しかし、自宅の駐車場が狭く使いにくかったり、狭すぎて車が入らずきちんと駐車出来ないという人も多いのではないでしょうか。

自宅の駐車場が狭くなかなか車が停められない場合、どういった解決方法があるのでしょうか。
今回は「自宅の駐車場が狭い場合の対処方法」について解説していきたいと思います。

車を停めるのには車幅以上のスペースが必要

皆さんはどんな駐車場なら「広さが十分にある駐車場」だと思いますか?
広さが十分にある駐車場とは、「車幅をクリアしている駐車場」だと思っている人が多いようですが、それだけでは広さが十分とは言えません。
まず、駐車場には人が乗り降りできるスペースが必要です。車がスペースにきちんと収まっていても、壁や塀にぶつかってドアが思うように開かなかったり荷物を積むのに難がある駐車場は広いとは言えません。
次に、切り返しができるスペースも必要です。駐車場前の道が狭い場合、なんども切り返しをしないとうまく駐車できません。切り返しができない駐車場だと停めるのがこんな員になってしまいます。
このように車幅だけをクリアしていても十分なスペースのある駐車場とは言えません。

車種ごとに理想的な広さは変わる

では、一般的に駐車場に必要と言われている広さはどのくらいなのでしょうか。必要な駐車スペースは車種によって異なります。
一般的には、軽自動車の場合が縦4m×横幅2m、乗用車の場合が縦5~6m×横幅2.5m以上と言われています。
ただし、この広さはあくまでスムーズに駐車できる場合の広さです。
切り返しが必要かどうか、乗り降りする人や荷物によってより広い場所が必要なこともあります。

駐車場が狭い場合はどうすれば良いのか

◉駐車スペースを整理する
例えば、ものがあって駐車場が狭いという場合は駐車場を整理することで十分な駐車スペースを確保することができます。

◉停め方を変える
必要な駐車スペースは停め方によっても変わります。今までとは違う停め方にすることで、最低限必要なスペースを狭くできる場合もあります。

◉新たに駐車スペースを確保する
駐車スペースを整理したり、停め方を変えてみても駐車スペースが狭い場合は、新たに駐車場を契約する必要があります。

トランクルームでも駐車スペースを確保することができる

駐車場を契約する方法以外にもトランクルームを契約することで、駐車スペースを確保することができます。
トランクルームの中には、車庫やガレージタイプのトランクルームがあります。そういったトランクルームは車庫入れや乗り降り、荷物の運び出しを考慮したつくりになっているので、スムーズに駐車することができるのでおすすめです。

トランクルームを運営しているイナバボックスでは、ガレージタイプのトランクルームも展開しております。イナバボックスでは、「100人乗っても大丈夫」でおなじみのイナバ物置を使用しているので、丈夫で使いやすいトランクルームになっています。
さらに、安全にお使いただけるよう、
・出入り口にはセキュリティを設ける
・ピッキング対応キーを使用する
・契約者のみが立ち入れるようにする
といったことを行なっているので、セキュリティも万全です。
自宅の駐車場が狭くて困っているという方がいらしたら、ぜひイナバボックスのガレージタイプのトランクルームをご利用ください。

まとめ


基本的に、駐車場には人が乗り降りしたり、荷物を積んだりするスペースが必要です。また、車を駐車するときに切り返しができるスペースも必要になります。
自宅の駐車場が狭い場合は、駐車スペースを整理する・停め方を変えるといった工夫が欠かせませんが、それでも狭い場合は新たに駐車スペースを確保しなければなりません。
駐車スペースを確保する方法としては、駐車場を別で契約するという方法がありますが、それ以外にもおすすめなのがトランクルームです。
トランクルームであれば、車庫として活用できるというメリットがあります。
イナバボックスでは、車庫・ガレージタイプのトランクルームをご用意しております。
駐車場か狭いという方はぜひお問い合わせください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970