プロが教えるトランクルームを上手に活用する収納方法のコツ

プロが教えるトランクルームを上手に活用する収納方法のコツ

BY: MAGAZINE編集部

プロが教えるトランクルームを上手に活用する収納方法のコツ

家の収納力を補う方法の1つにトランクルームを利用する方法があります。
トランクルームには様々なタイプのトランクルームがあり、広さのバリエーションも様々です。トランクルームは収納不足を解決する手段として、注目されています。

しかし、トランクルームを借りても、借りたスペースを有効利用できなければ意味がありません。トランクルームにもデッドスペースはできてしまうので、賢い収納術が必要になります。

今回の記事ではトランクルームで使える収納のコツやトランクルームで活用できるグッズを紹介していきます。

全てのトランクルームに共通する収納ポイント

トランクルームへ収納する場合、全ての広さやタイプのトランクルームに共通するポイントがあります。

収納するものをしっかり把握する

トランクルームに保管したい物を入れる前に「何をどのくらい収納するか」をきちんと把握していないと、荷物の詰め忘れやトランクルームに荷物が入りきらないといった問題が起きてしまいます。
また収納した物の内容を覚えておかないと、家中を探し回るなんてことも起こってしまうので注意してください。
トランクルームに収納するものはきちんとメモして忘れないようにしましょう。

何が収納されているか一目で分かりやすくする

トランクルーム内が乱雑だと取り出すときに不便です。特にケースやラックに入っているものは、いちいち蓋を開けなければ中に入って入る物が分からず、取り出すときに手間になってしまいます。
そのため、ラックの見えるところやカバーに何が収納されて入るかわかるようにしてください。

棚やラックを利用して高い位置にも収納する

ついつい低い位置に物を並べてしまい、トランクルームの中の上の部分がデッドスペースになりがちです。トランクルームの中には高さが2mあるものもあり、デッドスペースになってしまうのはとても勿体無いです。棚やラックを使用してトランクルームの高さを十分に利用することで、より収納力が高まります。

出し入れする頻度を考えて収納する

収納する際に出し入れする頻度の高いものを奥にしまわないようにしましょう。奥に入れてしまうと、取り出す際に手前のものを全て出さないといけないので手間がかかってしまいます。
そのため、使用頻度の低いものを奥にして高いものを手前にすることで効率よく収納することができます。

ロッカータイプのトランクルーム収納術

ロッカータイプのトランクルームに洋服を収納する際、季節ごと・種類ごとに服を分類すると分かりやすく収納できます。
また文房具や小物、書類を収納するときは、引き出しや小さめのラック、カゴを使用すると無くさずに収納することができます。種類ごとにまとめて収納し、引き出しの部分に名前を書いておくとより分かりやすいです。さらに引き出しの中も仕切りを作り分けることで、より分かりやすくなります。

コンテナタイプのトランクルーム収納術

コンテナタイプのトランクルームの場合は、高さがある場合が多いので大きめの棚をいくつか設置するだけでかなりの量が収納できます。
また棚などをおかず、家電や家具、ウィンタースポーツ用品などの大きなものを収納する使い方もあります。その際は隙間ができないように奥から収納していくとデッドスペースなく、綺麗に収納することができます。

まとめ

トランクルームに収納する際注意する点として以下の4つがあります。
収納するものをしっかり把握する
何が収納されているか一目で分かりやすくする
棚やラックを利用して高い位置にも収納する
出し入れする頻度を考えて収納する

これらを注意してトランクルームを利用するよう心がけてください。
またロッカータイプのトランクルームを利用する際は、衣類は丈や種類を合わせて収納し、小物などは引き出しを利用して収納すると綺麗に収まります。
コンテナタイプのトランクルームの場合は、大きめの棚を利用して収納すると収納量がアップします。またデッドスペースがないように、家電や家具を並べると無駄なく使用できます。
ぜひ、実践してみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970