引っ越しする時に荷物を効率良く整理する方法

引っ越しする時に荷物を効率良く整理する方法

BY: MAGAZINE編集部

引っ越しする時に荷物を効率良く整理する方法

引っ越しの際に、新しく新居を決めて、ワクワクしていても億劫になってしまうのが荷造りです。
家にあるすべての荷物を整理して箱に詰めて行くのは、やはりとても気が遠くなってしまいます。
荷造りがうまくできず、引っ越したばかりなのに部屋が散らかってしまったり、荷物が整理できなかったりということもあるでしょう。

しかし、少し工夫するだけで引っ越しの荷物整理や荷造りは効果的に行うことができます。
この機会に断捨離を行なって、すっきりとした気持ちで新生活をスタートさせましょう。

 

荷造りの計画を立てることが大切

 

引越し日の運び出しに間に合わず、適当に荷物を詰めるなんてことにならないように、荷造りの計画は仕事や学校の予定と照らし合わせながら立てていきます。

基本的に2週間あれば荷造りは行うことができますが、余裕を持って3週間程度見積もった方が良いでしょう。
また、よく使うものを箱に詰めてしまい、もう一度出し入れをしなければならなくなったということを避けるためにも、詰める順番にも計画性が必要です。

 

 

普段使わないものから整理を始める

まず、部屋の中でも「使わないもの」と「使うもの」を分類しましょう。使う、使わないの基準ですが、1年使っていなかったものは「使わないもの」と判断して良いでしょう。

この「使わないもの」の整理が終わったら、「使うもの」を整理していきます。

「使うもの」の中でも「引越しまでに使うもの」、「引越しまで使わないもの」に分類します。分類ができたら、「引越しまで使わないもの」は箱に詰めていきます。そして前日や当日の朝に「引越しまでに使うもの」を詰めます。

 

使い予定のないものは思い切って処分をする

「使わないもの」と「使うもの」に分けることができたら、「使わないもの」から整理しましょう。

ここで思い切って捨てることが大事です。明らかにもう使わないもの(着られなくなった服、参考書など)は捨ててしまいましょう。

もし、今後使うかもしれないものもある場合は、箱に詰めてわかるようにしておきましょう。

 

荷造りは新居の収納場所ごとに分けて作る

荷造りの時にほどきのことも考えて行うと、その後の荷物整理もスムーズにいきます。例えば、今の家でリビングに収納していたものを新居では寝室に収納する場合、同じ寝室に収納するものと一緒に詰めます。すると、荷ほどきの時スムーズに整理することができます。

同じ収納場所ごとに荷造りをすることによって、どこにしまうか考える時間が省け、収納場所に入りきらないということを防ぐことができるため、すぐに新しい生活が始められます。

 

 

まとめ

荷造りは計画を立てることと、先を見通すことが大切です。
計画を立てたら、荷物を整理して使わないものから捨てていきます。整理が終わったら、使うものを新居の収納ごとに詰めていきます。この時引越し日まで使うものを詰めないように注意しましょう。
今回紹介した荷造りのコツを使って新生活をスムーズにスタートさせましょう。

BY: MAGAZINE編集部

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970