愛車のロードバイクを守るために今こそトランクルームを活用しよう

愛車のロードバイクを守るために今こそトランクルームを活用しよう

BY: MAGAZINE編集部

愛車のロードバイクを守るために今こそトランクルームを活用しよう

近年ロードバイクで通勤する人を多く見かけるようになりました。
エコや健康面などの観点から車や電車を使うよりもロードバイクでの通勤が良いと感じる人が増えたためでしょう。また毎朝満員電車にもまれることもないので、ロードバイク通勤にはメリットが多いです。

しかし、ロードバイク通勤に課題はつきものです。それは「ロードバイクの駐輪場」です。住んでいる集合住宅によっては駐輪場がない住宅もあります。また、自宅に駐輪場があっても職場に駐輪場がない場合もあります。

今回はそんなときの解決方法として、トランクルームの利用を紹介します。

ロードバイクや駐輪場にまつわるトラブル

ロードバイクは他の自転車に比べてトラブルが多いので、駐輪場がないからといって屋外での保管は避けた方が良いでしょう。では、どのようなトラブルがあるのでしょうか。

雨や風による劣化

通称「ママチャリ」と呼ばれている普通の自転車(シティサイクル)と比べると、ロードバイクは軽い素材でできている分、耐久性が低くなっています。そのため雨や風に当たるとサビがつく、ホイール(タイヤ)から異常音が出るいう劣化に繋がりやすくなっています。
また、湿気にも弱いという特徴もあります。

盗難被害

ロードバイクは普通の自転車に比べると価格が高いです。さらにパーツなどにもこだわることができ、自分でカスタマイズしたロードバイクが作れる分、パーツ1つ1つに需要があります。
そのためロードバイク自体も付いている部品自体も盗難被害に遭いやすいのです。
また盗まれたロードバイクは分解して転売にかけられてしまうことが多く、盗難されたロードバイクが売りに出されてしまうと見つけるのは困難です。

ロードバイクにはきちんとした保管場所が必要

ロードバイクにまつわるトラブルには盗難や天気・環境による劣化が多いです。そのため屋内で除湿できるような保管場所が必須になることがわかります。

トランクルームにロードバイクを預けるメリット

ロードバイクは分解できるので自宅の中で保管することもできます。
しかし、住んでいる階が高層階だった場合、いちいち持って上がるのは大変です。職場でも同様です。中には持ち込むと邪魔になってしまうところもあるでしょう。
そんなときに活用できるのが「トランクルーム」です。
トランクルームであれば雨や盗難防止になるだけではなく、いちいち分解して保管する必要も無くなります。
さらに通勤用のロードバイクの保管場所としてトランクルームを利用した場合、ウェアから仕事着の着替えもトランクルーム内で行えるのでとても便利です。
またトランクルームは、契約期間中はいつでも使えるので、帰りに雨が降ってしまった場合はそのままトランクルームで保管することができます。

トランクルームを選ぶポイント

トランクルームにロードバイクを預ける時、いくつかのポイントがあります。

トランクルームのセキュリティ
比較的セキュリティがしっかりしているトランクルームを選ぶようにしましょう。
トランクルームの種類
トランクルームの種類ですが、ビルドインタイプなどは持ち運びが大変であるため、コンテナタイプがオススメです。
トランクルームの広さ
トランクルームの広さですが、「ロードバイクの保管だけなら0.5畳、中で着替えたいなら1畳、ちょっとした整備をしたいなら2畳」といった目安があるので参考にしてください。

まとめ

ロードバイクは環境による劣化や盗難といったトラブルが多く、保管の仕方が非常に重要になります。もし、職場や自宅近くに駐輪場がない場合はトランクルームを借りるようにしましょう。ロードバイクの保管に必要なトランクルームの広さは0.5〜2畳程度であるため費用もそこまでかかりません。
ぜひトランクルームを利用して快適なロードバイク生活を送ってください。

トランクルームをお探しの方へ

トランクルームを探すなら、安心・安全・便利なイナバボックス

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970