バイクガレージ型トランクルームでバイクを安全に保管しよう

バイクガレージ型トランクルームでバイクを安全に保管しよう

BY: MAGAZINE編集部

バイクガレージ型トランクルームでバイクを安全に保管しよう

皆さんはどのようにバイクを保管していますか。
自宅にガレージや庭がある方は安全に保管できるかもしれませんが、集合住宅に住んでいて保管場所に困っている方も多いでしょう。

バイクの保管には行政指導や消防法などの法令などが関係します。
そのため、集合住宅でガレージがあってもバイクを保管できない場合があります。

またガレージに保管できても、バイクは保管方法に気をつけなければ、思わぬトラブルに見舞われてしまうこともあります。

今回はバイク保管で見舞われるトラブルや適切な保管方法について紹介していきます。

バイクの保管で見舞われるトラブル

盗難
一番被害が多いトラブルです。
盗難の被害はパーツの一部分を抜き取る場合だけでなく、鍵を壊して本体ごと持って行ってしまう場合もあります。
イタズラ
ミラーを折られたり、倒されたり、落書きされたりと様々な被害があります。
またシートを掛けているのにも関わらず、不審な買取チラシを貼られてしまったという場合もあります。
劣化
トラブルは人の手によるものだけではありません。
バイクの大部分は金属でできているので雨や湿気にとても弱く、本体が錆びてしまうことがあります。また故障の原因にもなってしまいます。
さらに日光も劣化の原因の1つです。
日光の熱や紫外線によって本体が色褪せてしまう場合もあります。
また、強風でバイクが倒れ、破損してしまうこともあります。

 

バイクを安全に保管するために大切なこと

これらのトラブルを考慮すると、以下のことに気をつけて保管する必要があることがわかります。
できるだけ屋内で
セキュリティを万全にして
ではガレージがない自宅だった場合どのように保管すればいいのでしょうか。

きちんとシートをかける

雨や日光から本体を守るために、使った後はちゃんとシートをかけるように心がけましょう。

バイクと地面をしっかり固定する

最近のバイク盗難はチェーンロックをつけたまま持ち去ってしまうこともあります。その為、チェーンロックの他にも道路や駐車場の柱などの固定物にバイクを固定して保管しましょう。

定期的にバイクの様子を見に行く

バイクに不審な買取チラシが貼られている場合があります。
これは窃盗団のマーキングである場合が多く、持ち主が定期的にバイクの様子を見ているか、チラシを貼ることで確かめています。
自分のバイクに不備がないかどうか、定期的に確認するようにしましょう。

 

バイク専用トランクルームとは

シートをかける、柱などにバイクを固定しても万全とは言えません。
そこで紹介したいのが、バイク専用トランクルームです。
バイク専用トランクルームはほとんどが屋内型のトランクルームなので、雨や日光、風による劣化の被害を防ぐことができます。
また監視カメラや鍵などのセキュリティ設備も万全なので、盗難やイタズラの被害からバイクを守ることもできます。
定期的な見回りも必要ありません。
さらに、バイクのヘルメットや整備用品もまとめて収納できるのでとても便利です。
バイクの駐車場がない場合や、屋外の保管に不安がある人はトランクルームを利用してください。

 

まとめ


バイクを保管する方法はシートをかけたり、建造物に固定することなど工夫できますが、一番良いのは専用ガレージで保管することです。
セキュリティも専用ガレージに勝るものはありませんし、雨風をしのぐこともできます。
きちんとした保管方法を選んで自分のバイクを長く使っていけるようにしましょう。

トランクルームをお探しの方へ

トランクルームを探すなら、安心・安全・便利なイナバボックス

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970