トラブルからバイクを守るには?トランクルームでバイクを保管しよう

トラブルからバイクを守るには?トランクルームでバイクを保管しよう

BY: MAGAZINE編集部

トラブルからバイクを守るには?トランクルームでバイクを保管しよう

通勤でバイクを使っている人やツーリングによく行く人にとって悩みどころなのが、バイクの保管場所ではないでしょうか。
自宅にガレージや庭がある場合そこでバイクを保管できますが、集合住宅に住んでいている場合、
「保管場所がない」
「どこに保管していいか分からない」
という方もいるかと思います。

そんな時に便利なのが「トランクルーム」です。
トランクルームの中にはバイクの保管に特化した「バイク専用のトランクルーム」があります。
バイク専用のトランクルームを利用することで、
バイクの保管で見舞われるトラブルを避けることができる
という大きなメリットを得られることができます。

そこで今回はトランクルームでバイクを保管するメリットや保管する時の注意点、おすすめのトランクルームなどをご紹介していきます。

バイクの保管で見舞われるトラブル

トランクルームでバイクを保管することで、「トラブルを避けることができる」という大きなメリットが得られますが、「バイク保管で起こるトラブル」とはどんなことが挙げられるのでしょうか。

盗難

バイク保管のトラブルの中でも、一番被害が多いトラブルです。
本体ごと持っていってしまうケースと部品だけを持っていってしまうケースがあります。
バイク本体ごと持っていってしまうケースでは、工具や機械で鍵を壊して持ち去ってしまう手口が多いようです。特に人気のある車種の場合は保管場所に注意が必要です。
バイクロックやハンドルロックがついていても盗まれてしまうことがあります。
一方、部品だけを持っていってしまうケースでは、ガソリンタンクやシートなどバイクの一部分を取られてしまうことが多いです。カスタムパーツを利用している人は盗難防止対策をおこなうべきです。

イタズラ

イタズラの被害としては
・ミラーを折られる
・立てておいたバイクが倒されてしまっている
・ナンバープレートが曲げられる
・バイク本体に落書きされる
といったことが例に挙げられます。
また、悪質なものだと、シートを掛けて個人で保管しているのが分かっているのにも関わらず審な買取チラシを貼られてしまったという場合もあります。

劣化

バイクのトラブルは人の手によるものだけではありません。
バイクの大部分は金属でできているので雨や湿気にとても弱く、本体が錆びてしまうことがあります。また故障の原因にもなってしまいます。
さらに日光も劣化の原因の1つです。
日光の熱や紫外線によって本体が色褪せてしまう場合もあります。
また、強風でバイクが倒れ、破損してしまうこともあります。

バイクを安全に保管するために大切なこと

基本的にバイクを保管するときは、
・チェーンロックの他にも道路や駐車場の柱などの固定物にバイクを固定して保管する
・雨や日光から本体を守るために、使った後はちゃんとシートをかける
といったことが必要と言われています。

しかし、鍵をかけて固定しておいても、盗難やいたずらの被害に遭ってしまうことがあります。
また、外に保管しておくことで、バイクが劣化してしまい、使えなくなってしまったというトラブルが起こってしまうこともあるでしょう。

したがって、こういったトラブルを避けるためには、
セキュリティが万全な屋内で保管する
というのが最も安全なバイクの保管方法です。

バイクの保管にはトランクルームがおすすめ

セキュリティが万全な屋内でバイクを保管する、そんな時にぴったりなのが「トランクルーム」です。
トランクルームとは、契約して使用できるレンタルスペースです。自宅に収納場所がない人に人気のサービスです。
収納に便利なトランクルームについて詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。
【収納に特化したレンタルサービス「トランクルーム」とは?】

トランクルームの中にはバイクの保管に適した「ガレージタイプのトランクルーム」があります。自宅にガレージがない、周りにバイクを保管する場所がないという方はトランクルームをぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

トランクルームでバイクを保管するメリット

トランクルームでバイクを保管するメリットは、3つあります。

まず、屋内でバイクを保管することができるということです。
トランクルームを契約することで、バイクを屋内に保管することができます。
屋内でバイクを保管することができるので、雨や日光による劣化からバイクを守ることができます。

次に、セキュリティが万全なので、安心してバイクを保管することができるということです。
トランクルームには、監視カメラや鍵などのセキュリティ設備も万全なものが多く、バイクを24時間安全に保管しておくことができます。

最後に、バイクと一緒にメンテナンス用品やヘルメットなどを収納しておけるというメリットがあります。トランクルーム内にラックなどを設置することで、バイクと一緒にバイク用品を収納しておくことができます。

バイクをトランクルームで保管する時に注意したいこと

トランクルームでバイクを保管するときは、必ずトランクルームを施錠するようにしましょう。トランクルーム自体の鍵が開いてしまっていると、セキュリティーが万全とは言えません。何かのトラブルに発展してしまうこともあるので、施錠はしっかりおこなうようにしましょう。

トランクルームでバイクを保管するなら「イナバボックス」がおすすめ

イナバボックスは、「100人乗っても大丈夫」でおなじみのイナバ物置を使用したトランクルームサービスを展開しております。

イナバボックスでは、2種類のバイク専用のトランクルームをご用意しております。

オープンタイプ

専用のスタンドとロッカーがついたトランクルームです。ロッカーの中にヘルメットや工具を保管していただくことが可能です。24時間出し入れ自由ですので、好きな時にバイクをご使用いただくことができます。

ルームタイプ
ガレージのようなタイプです。入り口とルームキーの2ヶ所で施錠できるので高いセキュリティ性があります。室内は広めなので、作業場所としてご利用いただくこともできます。

イナバボックスのトランクルームは、「安心」「安全」「高品質」の3つを兼ね備えています。
「バイクを安全に保管したい」
「トラブルを避けてバイクを長く使えるようにしたい」
このように考えている方は、ぜひ、イナバボックスのトランクルームをご利用ください。

サイズなどが気になる方はこちらから詳細をご覧いただけます。
バイク専用ルーム | トランクルーム・レンタル収納ならイナバボックス

まとめ


バイクを使っている人にとってネックなのが保管場所。
盗難やいたずら、劣化などバイクの保管場所を間違えてしまうと様々なトラブルが発生してしまいます。
シートをかけたり、建造物に固定することなどでバイクの保管は工夫することができますが、最も良いのが「セキュリティが万全な屋内で保管する」ことです。
それに適しているのが「トランクルーム」です。

トランクルームとは、契約を結んで使用するレンタルスペースのことです。自宅に収納がない人などに多く利用されていますが、バイクガレージとしても活用することができます。
トランクルームを利用することで、屋内にバイクを保管することができるので、様々なトラブルから大切なバイクを守ることができます。

イナバボックスでは、「安心」「安全」「高品質」の3つを兼ね備えたトランクルームをご用意しております。
ぜひ、バイクを安全に保管したいという方はイナバボックスのトランクルームをご利用ください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970