衣替えはいつから?洋服を入れ替える目安を地域ごとに紹介!

衣替えはいつから?洋服を入れ替える目安を地域ごとに紹介!

BY: MAGAZINE編集部

衣替えはいつから?洋服を入れ替える目安を地域ごとに紹介!

中学生の時や高校生の時によく「衣替え」という言葉を耳にしませんでしたか?多くの場合、衣替えの時期には中学校や高校で制服を夏服から冬服、冬服から夏服へ変えていました。しかし衣替えを行なってからも、しばらくは気温が安定せず、前のシーズンの制服を着ている人が多かったのではないでしょうか。大人になるといつ衣替えをすればいいのかわからないですよね。今回は衣替えの目安はどのくらいか地方によって変わるのかということを解説していきます。

衣替えは1年の中で2回ある

衣替えは平安時代からある日本の古い習慣と言われています。現在、衣替えは1年の中で、夏と冬の二回あります。学校の場合だと梅雨の時期と秋の半ばくらいが衣替えの時期でした。大半の場合、衣替えは6月1日と10月1日とされているようです。あくまで習慣なので、決まりはありません。この時期を目安に服を入れ替えると良いでしょう。しかし気温が安定しない場合もあるので、何枚かは前シーズンの洋服を残しておくと便利です。

地方の衣替えはいつ頃になるのか

大半の地域では、梅雨の時期と秋の半ばくらいに衣替えが行います。しかし日本の最南端にある沖縄や、最北端にある北海道ではどのくらいの時期に衣替えをするのがいいのでしょうか。まず沖縄の場合は冬でも、最高気温が20℃の時があります。そのため衣替えをしない場合もあるでしょう。一方北海道の場合は、春先でも雪が降る場合があるので、夏の間も羽織れるものは用意しておくといいでしょう。

衣替えをうまく乗り切る収納のコツ

大人になり社会人になると、冷房などが強すぎて夏でも寒いということも考えられるでしょう。春から夏にかけての衣替えでは羽織れるものを残して、洋服を入れ替えると季節に対応した衣替えを行うことができます。また、夏から秋にかけた衣替えでは、薄手のインナーを残しておくことで、急な寒暖差にも対応できるようになります。
どちらの衣替えでも全ての洋服を入れ替え時に、羽織れるものやインナーを残しておくことがコツです。

まとめ

衣替えは大半が梅雨の時期である6月1日と秋の半ばである10月1日に行われます。ただ気温が安定しないこともあるため、2週間前後のズレは考えられるでしょう。
また衣替えを行なっても、寒暖差が急に来たり、クーラーなどがきついというように服装調整が難しい場合もあるので、羽織りものやインナーなどは残しておくとうまく乗り切ることができます。また北海道や沖縄での衣替えの場合、本州とは違い、あまり変化がない場合もあるので注意してください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970