海外転勤の時に使える荷物の分け方と日本での保管術

海外転勤の時に使える荷物の分け方と日本での保管術

BY: MAGAZINE編集部

海外転勤の時に使える荷物の分け方と日本での保管術

普通の国内転勤と海外転勤では準備することが全く違います。
多くの人は海外転勤の際に「何を持っていくか」と「どのように持っていくか」で迷ってしまうのではないでしょうか。

海外転勤では持っていけないもの・転勤先で使えないものも多いので、事前の準備が普通の国内転勤以上に必要です。

今回は海外転勤の荷物の運搬手段や持っていくべきもの、日本へ置いていくものの保管術について紹介していきます

海外転勤で荷物を運ぶ手段は3つある

海外転勤の際、荷物は3つに分けて運びます。
なぜなら飛行機内に持っていく荷物を全て搬入することはできません。
また航空便は荷物が届くまで2週間以上かかってしまいます。船便となると何ヶ月もかかる場合があります。
そのため、荷物の優先度によって3つに分ける必要があります。

まず、転勤後すぐに使うものや生活する上で必須のものを手荷物として持っていきます。
次に、航空便で家電などの生活用品を運びます。
家電の他にも洋服や靴、食器など生活する上で必要なものをダンボールに入れて運びます。
最後に、船便で入りきらなかった荷物や娯楽用品を持っていきます。
自転車や本などが挙げられます。

手荷物・航空便・船便で持っていくべきもの

手荷物で持ってくもの

国によっては食品をダンボールに入れることができない場合があるので、食品類は手荷物で入れていくようにしましょう。
また、転勤先ですぐ使う食器、調理器具、下着などの衣類も一緒に持っていきます。およそトランクケース2つ分くらいで上手にまとめてください。

航空便で持っていくもの

航空便で持っていくのは「すぐ使わないけど、日常生活で今後必要になるもの」です。
まず挙げられるのが家電です。
しかし、転勤先の自宅で家電が正常に使えるか、転勤先の電圧のチェックが必要です。日本では家庭電圧は100Vですが、海外の場合100V以上である場合が多いです。その際は、変圧器が必要なので購入して家電と一緒に持って行ってください。
洗濯用品やバス用品、キッチン用品などは現地では手に入りにくい場合もあるので、持っていくようにしましょう。またすぐ着ない洋服や靴、食器なども航空便で持っていきます。
ダンボール5つ分くらいを目安にして荷造りしましょう。

船便で持っていくもの

船便の制限はほとんどないので残ったもの、入りきらなかったものを船便で持っていくのが一般的です。
例えば、本や自転車、ゴルフバック、その他趣味のものは全て船便で持っていきましょう。
収納用品などの家具も船便で持っていきます。

持っていかないものはトランクルームで保管する

海外転勤の場合、全てのものを持っていくには限度があります。
そのため、日本においていかなければならないものも出てきてしまいます。
しかし処分して、帰って来たときにまた購入するのは大変です。
海外転勤で持っていけないものがあった場合は、トランクルームで保管するのがオススメです。
トランクルームに保管するのであればまだ使える家電を処分する必要がないので、転勤から帰ってきたときに使うことができます。さらに保管のために住んでいない家の賃料を払うより、トランクルームの賃料は安く済みます。

まとめ

海外転勤では持っていく荷物を「すぐ使うもの、いずれ使うもの、あったらいいもの」の3つに分けてそれぞれ「手荷物」「航空便」「船便」で運びましょう。
手荷物ではすぐ使う着替え、下着、食品、食器などをスーツケースに詰めて持っていきます。航空便では私服、家電、洗濯やキッチン、バス用品などをダンボールに詰めて持っていきます。
最後に詰めきれなかったもの、趣味のものを船便で持っていきます。
また、転勤先で使えないものや持っていけないものが出た際は帰ってくるまでトランクルームで保管してください。費用も安く押されることができ、家電も処分する必要がありません。

トランクルームをお探しの方へ

トランクルームを探すなら、安心・安全・便利なイナバボックス

BY: MAGAZINE編集部

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970