トランクルームを安心して利用するためのポイントは「保険」!?

トランクルームを安心して利用するためのポイントは「保険」!?

BY: MAGAZINE編集部

トランクルームを安心して利用するためのポイントは「保険」!?

トランクルームで荷物を安心・安全に保管するためにも設備やセキュリティーのチェックは欠かせません。しかし、それと同時に見落としてはいけないのが「トランクルームの保険」です。
トランクルームで荷物を保管する際、トランクルーム運営業者に荷物を預けるという形で、自分の手元から離れてものを保管することになります。
そのため、万が一に備えてトランクルームの保険加入が必要になります。
今日はトランクルームに必要な保険について紹介します。

トランクルームの保険とは?

トランクルームに必要な保険は「火災」と「盗難」の2つの保険です。
保管環境による劣化などのトラブルについで、起こりうる荷物トラブルが「盗難被害」と「火災による焼失または破損」のため、この2つに適した保険が必要になります。
セキュリティーシステムがあるから盗難の保険はいらないと感じる人もいるかもしれません。しかし、いくらセキュリティーがしっかりしたトランクルームといえど、万が一何が起こるかわかりません。
火災に対してもそうです。いくらトランクルーム自体に火の気がなくとも、他の建物から火の手が移って火事になってしまったということが万が一あるかもしれません。そうなってしまった場合、荷物の補償を受けられるようにするため、トランクルームを利用する際は「盗難」と「火災」の2つの保険に加入しましょう。

トランクルームの保険料の仕組み

倉庫業法によって、倉庫会社が運営しているトランクルームでは、保険の加入は義務です。
トランクルームの保険形態は運営会社によって違います。保険料をトランクルーム運営会社が負担しているところもあれば、月額料金に組み込んでいる運営会社もあります。これは契約申込み時やトランクルームの内見の際にしっかりチェックする必要があります。
また保険料をオプションとしているトランクルームもあります。その際は迷わず加入することをお勧めします。
保険についてわからないことがある場合は、契約時にしっかりチェックしましょう。
また、保証内容のチェックも忘れずに行ってください。

まとめ

 

トランクルームに保管した荷物にもしものことがあった場合に備えて、トランクルーム利用開始時に保険へ加入することは大切です。
様々な種類がある保険の中でも特に「盗難被害に対する保険」と「火災による焼失または破損に対する保険」には加入してください。
トランクルームのトラブルの中で火災や盗難が荷物のトラブルとして最も考えられます。忘れずに入るようにしてください。倉庫会社が運営しているトランクルームでは、保険の加入は義務になっています。
トランクルームの保険料は運営会社によって異なります。運営会社が負担している場合や基本料に組み込まれていると言ったことが考えられます。契約時に必ず確認するようにしてください。
また保証内容も、万が一の保証漏れがないようにしっかり確認しましょう。
安心して荷物を保管するためにも保険の加入を行ってください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970