トランクルームで地震に備えた備蓄をしよう!

トランクルームで地震に備えた備蓄をしよう!

BY: MAGAZINE編集部

トランクルームで地震に備えた備蓄をしよう!

日本はとても地震が多い国です。
年に何回も地震があり、時には大災害にまで発展するような大きい地震もあります。近年では東日本大震災の教訓から、「首都直下型地震」や「南海トラフ巨大地震」などの大地震に向けて、個人でも災害対策が必要になると言われてています。例えば避難袋の用意や食料などの備蓄が対策例としてあげられます。
そんな時、地震や災害時の備蓄庫として最適なのが「トランクルーム」です。
今回は備蓄庫としてのトランクルーム活用方法を紹介します。

地震に備えてトランクルームで備蓄をするメリット

トランクルームで備蓄をする際のメリットを紹介していきます。

災害時の食料や家族の安否に困らない

災害時は水や電気、ガスなどのライフラインが止まってしまうことが予想されます。その状況下の中でトランクルームに食料やコンロなど生活に必要な物を備蓄することで、被災してもとりあえずは生活できます。
また家族の分の備蓄をしていくことでトランクルームを集合場所として使うこともできます。

重いものを持ち運びしなくて済む

避難する際、貴重品の他に水や食料などを持ち出すとなると、結構な重さになってしまいます。しかし、トランクルームに備蓄をしておくことで重いものを持ち運びする必要がなくなります。地震などの災害時は、足元も不安定な状況が予想されます。そんな時水や食料で両手がふさがった状態では非常に危険です。トランクルームに備蓄をしておけば荷物を少なくできるので両手が空き、移動の時の危険を減らすことができます。

備蓄品以外の物も保管できる

トランクルームに使わない家財道具などを保管して置くことで、災害時に使用することができます。また家財道具が少しでも残ることで地震などの後の生活に役立てることができます。

トランクルームで備蓄をする際の注意点

まず、地震に備えた備蓄目的でトランクルームを利用する際は、耐震性があるトランクルームを利用するようにします。
また、トランクルームを利用するのにエレベーターや電気が必要になるところは避けるべきです。災害時に、エレベーターが使えなかったり、電気が止まってしまって中には入れないということが起きてしまうからです。
このような理由から、災害時の備蓄にオススメのトランクルームは屋外型のトランクルームです。ただし、屋外型のトランクルームには空調設備がないので、備蓄の定期的な点検を行うようにしてください。

まとめ

 

トランクルームを使って食料や家財道具の備蓄をすることで、災害時の食糧難や家族がバラバラになってしまうなどの様々な混乱を避けることができます。
しかし、備蓄するためのトランクルームを選ぶ際は耐震性がないところやエレベーターで利用するようなトランクルームは避ける必要があるので、屋外型のトランクルームを利用するようにしてください。また災害時に備蓄品が劣化して使えなかった、賞味期限が切れていたなんてことを避けるためにも、備蓄品の定期的な点検を行なってください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970