空間を有効活用できる壁面収納のアイデアまとめ

空間を有効活用できる壁面収納のアイデアまとめ

BY: MAGAZINE編集部

空間を有効活用できる壁面収納のアイデアまとめ

必要な物が多い人や収納場所が少ない人、部屋が狭い人にとって物を全て綺麗に収納ためには工夫が必要になってきます。
しかし、どのように収納を工夫していけばいいのか分からず、部屋の中が汚くなってしまっているという人も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめなのが壁を利用した壁面収納です。
今回は簡単にできる壁面収納方法を紹介していきます。

壁面を活用した収納のメリット

壁面収納にはメリットがあります。
まず、部屋のデッドスペースを解消できるという点です。壁は部屋の中でも使われにくく、うまく活用できていない部分です。このデッドスペースを収納に変えることで今までよりも収納スペースを増やすことができます。
また、おしゃれに雑貨を収納できるのも壁面収納の魅力です。壁面収納では、工夫次第によって、雑貨を機能的かつおしゃれに見せることが可能です。

壁面収納に活用できるアイテム

壁面収納では、何もない場所に新たに収納を増やすことになるので、必要なアイテムがあります。
まず、突っ張り棒や棚板などです。突っ張り棒で棚を作り、板などを敷いて物を乗せられるようにするとあっという間に壁面収納になります。
また、板の代わりに小物入れを置くという方法もあります。
この他にもS字フックや有孔ボードなども壁面収納に使用できます。S字フックは突っ張り棒と組み合わせて物を引っ掛けて置くことができるアイテムです。有孔ボードもフックと組み合わせて壁に設置することで、壁に色々なものを引っ掛けて収納することができます。
壁面収納ではどのように収納するかで必要なものも変わるので、あらかじめ確認するのも大切です。

今からできる壁面収納のアイデア

壁面収納はどの場所で行うかによって工夫の仕方が変わってきます。実際にそれぞれの場所でどのように壁面収納を行うと効果的なのかみていきます。

キッチンの壁面収納

キッチンの壁面収納には、フライパンやお玉などの調理道具や調味料などを収納するのが向いています。調理道具を収納する際は、突っ張り棒やS字フックを活用して、引っ掛けて収納して置くと使いやすいし、場所も取りません。
調味料などは棚を設置してその上に収納すると良いでしょう。その際、おしゃれな容器に調味料を移し変えて置くとスタイリッシュに見せることができます。

リビングや寝室の壁面収納

リビングや寝室で壁面収納を行う場合は、場所に注意しましょう。例えば、壁にソファをくっつけて配置している場合、ソファの背もたれの真上に壁面収納を作ってしまうと、逆に邪魔になってしまいます。またベッドに面している壁や頭の上の壁に作ってしまうと、地震で落ちてきた際非常に危険です。
リビングや寝室で壁面収納をするときは場所に気をつけましょう。
リビングや寝室の壁面収納でおすすめなのがフックシェルフや帽子・バッグ掛けです。ブックシェルフは棚とブックスタンドを利用するだけで簡単に作ることができます。また、壁に取り付けることのできるフックなどを使用して帽子やカバンを収納することができます。

トイレや洗面所の壁面収納

トイレや洗面所も何かと細かいものが多いですよね。トイレや洗面所の壁面収納には、突っ張り棒やワイヤーネットを使用して棚を作り、プラスチックケースやかごを使って収納していくと種類分けもしやすく、見栄えがいい収納になります。

まとめ

収納が少ない人や部屋が狭い人、収納スペースが限られている人にとって、部屋の使用していない部分である「デッドスペース」を活用した壁面収納はおすすめです。壁面収納では、何もない壁に新しく収納を増やすので、突っ張り棒やS字フックといったアイテムが必要になります。また、今回紹介したように壁面収納を設置する場所によって収納する物も使い方も変わるので、それぞれにあった壁面収納のスタイルを選んでください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970