奥行きを活用した押入れ収納のアイデア

奥行きを活用した押入れ収納のアイデア

BY: MAGAZINE編集部

奥行きを活用した押入れ収納のアイデア

押入れはあっても物置のように煩雑に使われていたり、たくさんものがあって入りきらない、奥行きはあるのにうまく収納スペースとして活用できていないなど、収納方法に悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで、簡単なアイデアで収納スペースを最大限活用できる方法を紹介していきたいと思います。

押入れは自分の好きなように収納できる

押入れには洋服や鞄などの日常生活で頻繁に使われます。よく出し入れするものや、普段使わないけど捨てられない思い出の品や、何年も使っていないあったことすら忘れてしまっているようなものまで色々なものを収納することができます。

収納の仕方にも置き方を工夫したり、収納グッズを活用したりと、人それぞれが好きなものを好きなように収納することができます。

押入れの奥行きを存分に使用した収納アイデア

収納を前後で分ける

奥行きのある押入れでは、奥の方に収納すると取り出すのに手間がかかってしまったり、前に置いてあるものによって取り出しにくくなってしまうことがあります。そのため普段からよく使うものを奥に収納するのは避けましょう。

奥に収納するのは、あまり使用頻度の高くないものや、大きくても軽いものなどが最適です。逆に、手前には使用頻度の高いものを置くと便利です。このように、大きさや重さ、使用頻度によって置き方を工夫することで押入れをより活用することができます。

細くまとめて収納する

ラグやカーペットは大きくて幅をとってしまいますが、細く丸めて奥行きを利用して、収納することで空間を上手にしようすることができます。また、表面を内側になるように丸めることで生地が傷むのを防ぐこともできます。

収納する際のポイントとして横にして収納することで型崩れを防ぐことができます。

突っ張り棒で手前に洋服をかける

洋服を収納したい場合、突っ張り棒を使うことで、押入れをクローゼットのように使うことができます。手前に洋服をかけることで洋服も見やすくなり、それが目隠しになって奥のものを隠すこともできます。

衣装ケースを使用する

衣装ケースはサイズのバリエーションが豊かで、自分の収納にあったものを選ぶことでより収納の幅を広げることができます。また、中が見えるものも見えないものもあり入れるものによって使い分けることができます。

キャスターが付いているものもあり、移動が簡単にできるため、重いものの出し入れや衣替えなどの入れ替えに便利です。

まとめ

押入れは、収納するものの使用頻度や適した収納方法を考えてることでより収納として活用することができます。

ここでは、

①物の置く位置を工夫すること、②収納する形を変えること、③突っ張り棒などの道具を使うこと、④収納に合った衣装ケースを使用すること

を紹介しました。
今まで余っていたスペースや不便だった収納方法に役立ててみてはいかがでしょうか。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970