部屋や収納が狭くても布団を上手に収納する方法

部屋や収納が狭くても布団を上手に収納する方法

BY: MAGAZINE編集部

部屋や収納が狭くても布団を上手に収納する方法

布団は外に干すのが簡単だったり、日中しまっておけてスペースを確保できたりとたくさんの魅力がある寝具です。

ただ一人暮らしだとワンルームや1Kなどのお部屋に住むことが多く、収納場所に困ってしまうこともしばしば。
せっかくスペースを有効活用するために布団を使っているのに、収納場所がなくて逆に部屋のスペースが圧迫されてしまったら本末転倒です。

布団は保管場所や保管方法を工夫すれば、部屋が狭くても綺麗に収納することが出来ます。

そこで今回は部屋が狭くても収納できる、布団の上手な収納方法をご紹介していきます。

一人暮らしでも布団はいくつか必要

一人暮らしの方であれば、部屋を広々と活用するために布団を利用している方も多いかと思います。ただ布団は友人が来た時のお泊り用、汗や汚れが付いた代え用など、一枚使いだと大変なことがいっぱいです。

そのため一人暮らしをしている人でもいくつかあると便利なふとんですが、その分収納場所に困ってしまうということが多々あります。

布団の収納場所はどのように確保するか

クローゼット内につくる

クローゼットは服や棚などを収納できるほど、縦スペースが大きいのが特徴です。この特徴を活かして、クローゼット内に布団の収納場所を作ることが出来ます。

方法は簡単で、クローゼットのサイズに合ったラックやワゴンを持ってくるだけです。ラックやワゴンであれば縦に何枚もの布団を収納できます。移動式であれば場所の移動も簡単です。

また、長さの調節できるものであれば布団の分厚さによって調整できるので、デッドスペースを出来るだけ作らずに収納することができます。

布団収納庫を活用する

クローゼットに洋服や小物など他のものをしまいたいという方には、布団収納庫がおすすめです。
布団収納庫とは、布団を収納することに特化した家具のことで、布団を畳んでしまうことが出来る便利なものです。「新たに棚のスペースを確保するとなると場所が狭くなるんじゃないの?」と思う方も多いかと思います。ですが、布団収納庫には、布団以外にも季節外れの家電やインテリアなどを入れることが出来ます。今の季節に使わないものをまとめる棚として利用出来るのも魅力の1つです。

またお部屋の壁の色と布団収納庫の色を合わせれば圧迫感がなく、部屋の見た目にもほとんど影響しません。布団をしまうことに特化した家具ということで1つの棚に何枚も布団を収納できるものがほとんどなので、布団をたくさん持っていてクローゼットも使いたくないという方にお勧めです。

チェストベットを利用する

チェストベッドとは、低いタンスをベッド下部に組み込んだベッドのことです。
チェストベッドの多くは、ベッド下部の広さをそのまま利用できるので、最低でも2つの布団を収納することができます。

基本的にベッドを部屋に置くことになるので、よく友人や家族が泊まりに来るという方におすすめです。

布団を収納するときの注意点

すのこを使用して通気性をよくする

クローゼットに収納する際、ラックやワゴンを使用することを前述しましたが、その際ラックやワゴンの素材も重要になってきます。

特に夏の暑い時期や梅雨の時期だと湿気がひどく、収納中にカビやダニが大量発生してしまうことも多々あります。そんな時期におすすめなのがすのこ素材です。すのこは通気性が良く、湿気を吸い取る効果があるので湿気をためやすい布団収納にぴったりの素材となっています。収納した布団を衛生的にするためにも、すのこ素材の収納ラック・ワゴンを利用しましょう。

定期的に布団を干す

すのこ素材を使ってある程度湿気を防ぐことが出来ても、布団を収納するの場所が暗所だとカビやダニの繁殖は防ぐことが出来ない可能性があります。

カビやダニを防ぐためには、定期的に布団を干しましょう。、太陽光でダニやカビを駆除することができ、清潔な布団を保つことが出来ます。友人や家族などが急に来た場合、清潔な布団を貸してあげられるように、定期的に布団を干しておくことは大切です。

まとめ

部屋が収納が狭い方でも、ちょっとした工夫で布団を収納することが出来ます。

・クローゼット内に収納する
・布団収納庫を利用する
・チェストベッドを利用する

それぞれの収納方法に特徴があるので、自分のニーズにあった収納方法を選びましょう。

また衛生的に布団を収納するためにも、クローゼットの場合はすのこ素材のラックを使用し、定期的にひなた干しすることを忘れないようにしてください。

布団収納を上手に行うことで、狭いお部屋でもスペースの最大限有効活用することができます。ぜひ本記事で紹介した布団の収納術を実践して、すっきりとしたお部屋づくりを行ってみてはいかがでしょうか。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970