トランクルームを借りるときの広さの目安とは?

トランクルームを借りるときの広さの目安とは?

BY: MAGAZINE編集部

トランクルームを借りるときの広さの目安とは?

トランクルームの広さは「0.8畳」「1畳」「1.5畳」というように畳で表されることが多く、各業者様々な広さのトランクルームを運営しています

しかし、実際広さに対しどのくらいの物を収納できるのかなかなかイメージができないという人も多いのではないでしょうか。

借りる広さのイメージがつかないと、どのトランクルームを借りれば良いのかなかなかわからないですよね。
そこで今回はトランクルームの広さや入れられる荷物の目安について解説していきます。

トランクルームの広さは「畳」だけじゃわからない

トランクルームの広さを表す単位として畳が使われていますが、これだけではトランクルームにどれくらいのものが入るのか測ることはできません。
なぜならトランクルームには幅や奥行きだけでなく、高さも関係します。
狭いトランクルームであっても高さがあれば、荷物を積み上げることでたくさんの物を収納することができます。
トランクルームの高さはだいたい190cm~220cm前後といわれています。
今回はこの高さを基準に広さを見ていきます。

ダンボールでトランクルームの広さの目安を測る

トランクルームにどれくらいのものが入るのか測るのに便利なのがダンボールです。トランクルームの容量をダンボールに換算することで、どれくらいの荷物が入るのかイメージしやすくなるのではないでしょうか。
では実際見ていきましょう。
※ダンボールの大きさは320mm×430mmの高さ250mmの物を想定しています。

0.5畳未満のトランクルーム

0.5畳未満のトランクルームの場合最大で20個前後のダンボールを収納できます。
だいたい0.3畳でダンボール14個、0.4畳でダンボール21個となっています。
1畳の半分に満たなくても、高さがあるのでそれなりの数のダンボールを収納することが可能です。

0.5畳〜1畳のトランクルーム

0.5畳〜1畳となると、だいたい25〜50個のダンボールが収納可能です。
よく見かける0.8畳のトランクルームであれば40個のダンボールがトランクルームに入ります。

1畳〜1.5畳のトランクルーム

広さが1畳を越えると収納できるダンボールの量が多くなります。1.5畳で最大100個のダンボールを入れることが可能です。100個もダンボールが入ればかなりの量が収納できるのではないでしょうか。

1.5畳〜2畳のトランクルーム

1.5畳〜2畳のトランクルームでは、100個〜130個のダンボールを収納することができるようになります。また、1.5畳以上になると、収納棚を入れても十分スペースが余るようになるので細かいものだけでなく大きいものも収納できます。

2畳〜3畳のトランクルーム

3畳になるとだいたい200個のダンボールを詰めることができます。広さが十分にあるので、大きな家具も収納することができます。

それぞれの広さではどんなものの収納が向いているのか

1畳未満のトランクルーム

0.5畳未満のトランクルームの場合は書類や小物などの収納が向いています。0.5畳未満だと大きなものを収納してしまうとそれだけで場所を取ってしまいます。
できるだけ小さいものをたくさん収納する方が効果的です。
書類や畳んだ衣類、おもちゃや思い出の品がおすすめです。

1畳〜1.5畳のトランクルーム

1畳〜1.5畳のトランクルームであれば、細かいものだけでなく少し大きな荷物を収納することも可能です。例えば扇風機やスノーボードなど幅を取りすぎない小さい家具やアウトドア用品なら余裕を持って収納できます。

1.5畳以上のトランクルーム

1.5畳〜2畳のトランクルームは、小さいものも収納できますが、家具を収納するに最適です。トランクルーム内のデッドスペースを無くし、うまく家具同士を組み合わせれば、家具をたくさん収納することができます。

まとめ


今回はトランクルームの広さの目安としてダンボールを使いどのくらいの量が入るのか解説してきました。1畳に満たない広さでも高さがあるので意外とたくさんのものを収納することができます。
ぜひ、自宅に収納が少ない人は、今回の目安を参考にトランクルームを活用してみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970