喪服を綺麗に収納するための4つのコツ

喪服を綺麗に収納するための4つのコツ

BY: MAGAZINE編集部

喪服を綺麗に収納するための4つのコツ

喪服は他の服に比べると、使う機会が限られているのでしまいっぱなしにしていることがほとんどです。なので「久しぶりに出してみたら型が崩れていて着れなくなっていた」「虫に食われてしまっていてダメになっていた」ということが非常に多いです。喪服は値段が高いので改めて買うとなると非常に勿体無いですよね。
少しでも喪服を長く使うためには喪服に適した収納方法を知ることが大切です。
今回は「喪服の収納で押さえておきたい4つのコツ」を中心に、喪服や小物の収納方法について解説していきます。

喪服の収納で心がけておきたいコツ4つ

喪服はあまり使わない衣類なので他の服よりもより丁寧に収納することが大切。
ここでは喪服の収納で押さえておきたい4つのコツについてみていきます。

喪服収納のコツ①収納前にクリーニングをかける

喪服は洗濯機で洗うことができないものが多いです。収納する前には必ずクリーニングに出しましょう。クリーニングに出すことでホコリだけでなく、虫食いの原因となる皮脂よごれや食べこぼしを落とすことができます。

喪服収納のコツ②喪服に不織布の洋服カバーをかける

喪服をしまっておく際は、ホコリが付かないように不織布の洋服カバー洋服カバーをかけてホコリを防ぎます。クリーニング店でビニールなどの素材でできた洋服カバーをかけてくれることが多いですが、クリーニング店のカバーでは通気性が低い場合があります。通気性が低いと湿気がこもりやすくなってしまい、カビの原因となってしまいます。洋服カバーは通気性がいい不織布のものを選びましょう。

喪服収納のコツ③厚みがあるハンガーを使う

喪服は肩の部分にパットが入っています。なので細身のハンガーだと支えきれない肩パットの部分が衣類の重みで崩れてしまうことがあります。また、喪服は上下セットになっているのでまとめて保管することが多くなります。重く作られている喪服を1本のハンガーにまとめて収納しておくとなると、それなりの太さで作られた耐久性の高いものが必要になるでしょう。

喪服収納のコツ④湿気の少ない乾燥した場所にしまう

虫食いやカビを予防するために、喪服は湿気の少ない乾燥した場所で収納しておくことが大切です。湿気を少なくすることで長く綺麗な状態で喪服をしまっておくことができます。また、適度に空気を入れ替えておくことも大切です。

喪服と一緒に小物もしまっておくと次に使いやすい

喪服と一緒に使う小物にはカバンや靴、ネクタイやネックレス、数珠といったものがあります。これらも洗濯をしたり、柔らかい布で汚れを落としたりして喪服と一緒にしまっておくと次使うときも使いやすくなります。
カバンや靴、数珠は箱に入れてしまっておきましょう。ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーも入れ物があれば入れ物にしまっておくのがベストですが、ない場合は袋に入れておくのが良いでしょう。ネクタイはシワにならないように掛けて収納しましょう。

あまり使う機会のない喪服はトランクルームへ

喪服はなかなか着る機会のない洋服。喪服を自宅の収納場所においておくとスペースを圧迫してしまうといった場合にはトランクルームで保管しておくのがおすすめです。トランクルームに保管すれば自宅の収納場所を圧迫することなく喪服をしまうことができます。

まとめ


喪服を収納する際には次の4つのコツがあります。
①収納前にクリーニングをかける
②喪服に不織布の洋服カバーをかける
③厚みがあるハンガーを使う
④湿気の少ない乾燥した場所にしまう
なかなか使う機会のない喪服だからこそ、丁寧に収納することが大切です。また、喪服と一緒にカバンや靴といった小物も収納しておくことで次使いやすくなります。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970