トランクルームの使い方を用途別に紹介

トランクルームの使い方を用途別に紹介

BY: MAGAZINE編集部

トランクルームの使い方を用途別に紹介

新たな収納方法としてトランクルームが近年注目されています。
しかし、トランクルームに興味はあるけれど、どのような使い方をすればいいのかわかならない方や、こんな使い方でもいいのかと迷っている人もいるのではないでしょうか。

今回はトランクルームの使い方を用途別にまとめました。

トランクルームを法人・個人で借りるときの用途の違い

トランクルームは個人だけでなく、法人でも利用できます。
法人で借りる場合は会社単位での契約になるので、会社の銀行印や会社の印鑑が必要になります。また保管するものも違います。
個人の場合は、オフシーズンのものや家に収納しきれない服ですが、法人契約の場合は、オフィスの書類やデータ、オフィス用品が対象になります。中には紛失しないように重要な物も保管している場合もあります。
このように、法人と個人で契約する場合は保管する対象物も変わります。

トランクルームを長期的に使う場合の用途

トランクルームを長期的に使う場合の用途としてまず挙げられるのが「オフシーズンの物の収納」です。季節ごとに入れ替えをしていくので、長期的な使用になります。
また「趣味のものを保管する」という場合も考えられます。
家に置いておけないもの、置ききれない趣味のものを、トランクルームを利用して収納します。
さらに「バイクや自転車のガレージ」という使い方もあります。
駐輪場がなく雨ざらしになっていると劣化が進んだり、盗難被害に遭ってしまうためバイク用コンテナのトランクルームを利用している方もいます。

トランクルームを短期的に使う場合の用途

まず「引越しやリフォームの荷物置き場」としてトランクルームを利用している方が多いでしょう。特にリフォームの時は大きい荷物だけ置いて、生活する場所は間借りするといった方が多いです。
次に「転勤やUターン就職で不必要になったものの保管」があります。
転勤先や実家にある家電やタンスを利用するため今まで使っていたものを保管するといったことがあります。

まとめ

トランクルームの用途は契約する人や使う人によって様々です。
法人契約の場合は会社の重要書類や保管しなければいけないデータなどをトランクルームに預けています。また、机や椅子などの保管場所としても使われています。
個人での使用の場合、長期的な利用と短期的な利用があります。
長期的な利用にはオフシーズンの家具や用品、服の収納があります。そのほかにも、思い出の品の保管や趣味のものを保管するという使い方があります。
短期的な利用の場合は、引越しやリフォームの荷物をおいておくといったことが挙げられます。

ルールさえ守れば好きな用途で使えるのがトランクルームの魅力です。
ぜひ自分にあった使い方を見つけてください。

トランクルームをお探しの方へ

トランクルームを探すなら、安心・安全・便利なイナバボックス

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970