新生活を始める際に知っておきたい収納術!

新生活を始める際に知っておきたい収納術!

BY: MAGAZINE編集部

新生活を始める際に知っておきたい収納術!

大学進学や就職などで4月からいよいよ新生活が始まります。
それに合わせて引越しをする人以外にも物を処分したり、模様替えをして部屋を暮らしやすくする人も多いのではないでしょうか。
今回は新生活を快適に始められるような収納術を紹介していきます。

新生活を始める前にやるべきこと

新生活を始めるタイミングは就職であったり進学であったり様々です。ですが全てに共通して言えることは、今までの生活とこれからの生活で必要となるものが変わってくるということです。
例えば、就職したら大学で使っていた参考書は使わなくなるでしょう。通勤用のカバンなどのビジネスグッズが必要になります。
このように新生活に合わせて必要な物や使う物が変化するので持ち物の確認や補充が必要になります。

新生活でできる収納のコツ

新生活を快適に迎えるための収納術を紹介していきます。

重ねられる収納を意識する

文房具や雑貨など細かいものをそのままむき出しに収納してしまうと散らかってしまったりして見栄えもよくありません。カゴやバスケットに収納すると綺麗に収まります。種類を統一するとさらに見栄えが良くなります。
また、蓋なしのカゴやバスケットより蓋がついているものを選ベば、重ねて収納ができるので縦の空間も活用でき、より収納力が上がります。

持ち運び、移動ができるようにする

ワゴンやラックを使って持ち運びができる収納を心がけることも工夫の1つです。救急用品やおもちゃ、オムツなど赤ちゃんのケアグッズなど使う場所が限定できないものは、一式まとめておいて収納ごと移動できるようにすると時短にもなるでしょう。

家具に収納をプラスさせる

部屋の広さによって置ける収納の数は限られてきます。しかし、家具と収納を兼用することによって収納の幅を一気に増やすことができます。
例えば、ベッドやソファの下にケースを置くだけでその場所は収納に早変わりです。また座る部分が蓋になっていてものが収納できるスツールや鏡の部分が扉になっていて収納できる姿見、座面部分が収納ケースになっているベンチなど、家具としての役割と収納としての役割を兼ね備えている物を選んで部屋に設置するのも方法の1つです。

新生活の収納に役立つ便利グッズとは

収納に役立つ便利グッズの1つ目は「蓋つき収納ボックス」です。蓋つきの収納ボックスであれば、縦にも重ねることができるので重ねる収納をすることができます。
2つ目のグッズはS字フックです。キッチンで調理器具を吊るすのにも便利ですが、リビングやそのほかの部屋でも活用できます。
例えば、クローゼットにS字フックを設置するとカバンや帽子をかけて収納できるので型崩れしません。
3つ目はファイルボックスです。本棚に入っている書類や冊子、雑誌などをファイルボックスに立てて収納して置くことでとても見栄えがよくなります。またファイルボックスは、流し台や洗面台の下戸棚でも応用できます。洗剤やゴミ袋、美容品の詰め替えなどを出しやすく綺麗に収納できます。

まとめ

新生活を気持ちよく迎えるためには、これから必要になる物の洗い出しと使わなくなった物の処分を行う必要があります。持ち物を整理して使う物を出しやすいように手前に収納しましょう。
収納のコツは「重ねられる収納を意識すること」「持ち運び、移動ができるようにすること」「家具に収納をプラスさせること」の3つです。重ねて並べられる蓋つき収納ボックスを使えば収納の幅が広がります。さらにワゴンやカゴを使用することで使用場所が限定できないおもちゃや、赤ちゃん用品などもまとめておいて置くことができます。
また、家具の空いている部分に収納したり、収納付き家具を選ぶことによって収納家具が置けなくても収納することができます。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970