マンションの狭いキッチンでも大丈夫!キッチン用品を上手に収納する方法

マンションの狭いキッチンでも大丈夫!キッチン用品を上手に収納する方法

BY: MAGAZINE編集部

マンションの狭いキッチンでも大丈夫!キッチン用品を上手に収納する方法

物件の中には収納が十分にないキッチンや、スペースが手狭なキッチンがある物件も存在します。キッチンが狭い物件を利用している人にとって、キッチン用品の収納は最大の悩みです。
キッチン用品は量も多く、種類も様々です。そのため、収納方法も工夫が必要になります。
今回は狭いキッチンでも上手に収納する方法を紹介します。

狭いキッチンでは吊り下げる収納が効果的

まず、キッチン用品を「キッチンのどの部分で何を使う」かで分類します。
例えばフライ返しやお玉、フライパンなどはコンロ周りで使うことが多いです。これらのものはフックなどを使ってコンロ周りの壁に吊るして収納します。これによって他のものに収納スペースを使うことができます。
また壁に吊り下げて収納することで使い勝手も良くなります。使いたい時にさっと取り出せるので作業効率も良くなります。
使えるのはコンロ周りの壁だけではありません。マグネット式のフックを使えば冷蔵庫横のスペースも活用できます。

突っ張り棒を使って収納を増設する

突っ張り棒を2本使って平行に設置することによって、新たに棚を増設することができます。この突っ張り棒の部分をラップやアルミホイルなどを置くスペースにもできますし、板を敷いてザルやボウルなどの大きめで軽いものを収納することもできます。またS字フックを活用してキッチン用品を吊り下げることや、タオルを引っ掛けておくこともできます。

シンク下やコンロの下は大きめのボックスやカゴを活用

シンクの下は洗剤や調味料などを収納します。その際にボックスやカゴを使って収納すると、スッキリ収めることができます。
ボックスやカゴごとに物を分類することで、どこに何があるのかわかりやすくなり、使いやすくなります。
またコンロ下の収納にもボックスやカゴが使えます。
フライパンなどの鍋の取っ手を上にして収納することですぐ取り出せます。重ねて収納しない分楽に取り出せます。

まとめ

 

キッチン用品は細々したものから大きいものまで多岐に渡ります。
また、種類も多いので量も多くなってしまいます。
そんな時、マンションのキッチンが狭いと十分に物が収納できなく、散らかってしまいます。
しかし、フックを使った壁での収納や突っ張り棒を使って収納を増やすことによって狭いキッチンでも収納できるようになります。
またボックスやカゴケースを使うことによって物がスッキリし、限られた収納を有効に使うことができるようになります。
狭いキッチンの収納に悩んでいる方はぜひ試してみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970