ウォークインクローゼットをうまく活用するための収納術

ウォークインクローゼットをうまく活用するための収納術

BY: MAGAZINE編集部

ウォークインクローゼットをうまく活用するための収納術

クローゼットには色々なタイプがありますが、クローゼットがまるで1個の部屋になっているようなタイプを「ウォークインクローゼット」と呼びます。ウォークインクローゼットはだいたい3畳ほどが一般的な広さと言われています。

ウォークインクローゼットを設置するには十分なスペースが必要なので、一戸建てや広いマンションなどに設置されているのが主流でしたが、近年は賃貸物件でも「ウォークインクローゼット」が設置されている物件が増えてきました。

ウォークインクローゼットは広くて収納スペースが確保しやすいクローゼットですが、収納方法に気をつけないと探し物がすぐに見つからなくなってしまいます。

ここでは、ウォークインクローゼットを上手に活用する方法を紹介します。

ウォークインクローゼットは収納家具・収納小物と組み合わせるのが大前提

ウォークインクローゼットの収納力を存分に生かすためには、収納家具と組み合わて活用することが大前提となります。

基本的にウォークインクローゼットは、以下のような作りになっている場合が多いです。

ハンガーを引っ掛けられるポールがあり、その上に棚が設置されています。このままだと、ハンガーにかけて収納する衣類以外は収納しにくいですよね。
また、ポールの下の部分がデッドスペースになりやすくなってしまいます。
収納家具や収納小物をウォークインクローゼットに組み合わせることで、ウォークインクローゼットのスペースを余すことなく使用することが出来るようになります。
また、収納家具を使うことでハンガーにかけて収納できるものだけでなく、畳んで収納できるものや、靴・カバン・帽子といったファッション小物も収納しやすくなります。

スペースが広い場合にはチェスト・タンスを活用

ウォークインクローゼットに十分なスペースがある場合は、チェストやタンス、ラックを設置するのがおすすめです。
掛けるタイプの衣類だけでなく、畳んでしまって置くタイプの衣類もまとめて収納して置くことが出来きます。チェストやタンスはそれ自体でも収納力抜群なので、これらの収納家具を活用することでほとんどの衣類をウォークインクローゼット内にしまって置くことが出来ます。

スペースがそこまで広くない場合は衣装ケースなどを活用

タンスやチェストを置くスペースがない場合は、衣装ケースなどの収納小物を活用するのがオススメです。
例えば、衣装ケースやフラップボックスなどは収納家具ほど場所をとりません。そのスペースに適したサイズや個数を設置することで、狭くても効果的にウォークインクローゼットを活用することが出来ます。
また、100円ショップや雑貨屋などでよく売られている「吊り収納アイテム」もウォークインクローゼットにはぴったりです。ポールに引っ掛けるだけで、戸棚のような収納を増やすことが出来るので、畳んでしまって置くのが良いものや小物を収納しやすくなります。

棚の収納には収納ボックスが最適

ポールの上に設置されている棚に衣類を収納する際は、収納ボックスを活用すると良いでしょう。
収納ボックスを活用することで綺麗にまとめて収納することが出来ます。
また、収納ボックスは軽いので取り出す際に、楽に取り出すことが出来ます。

まとめ

ウォークインクローゼットは収納スペースがある分、収納力を生かすためには工夫して収納することが重要になります。
ウォークインクローゼットでは、収納家具・収納小物と組み合わせることで、色々なものを収納できるようになります。
広いウォークインクローゼットにはタンスやチェスト、そこまで広くないウォークインクローゼットには衣装ケースなどの収納小物がおすすめです。
ぜひ、ウォークインクローゼットを上手に活用して収納力を高めてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970