服が多くて困るあなたに。畳み方や保管場所の工夫でスッキリ収納!

服が多くて困るあなたに。畳み方や保管場所の工夫でスッキリ収納!

BY: MAGAZINE編集部

服が多くて困るあなたに。畳み方や保管場所の工夫でスッキリ収納!

「いろいろなファッションを楽しみたいけれど、服が多くて部屋が片付かない!」
「2世帯住宅に住んでいて、人数が多い分洋服の収納場所に悩むことがある。」
「クローゼットや押し入れなどに頑張って詰め込んだものの、まだまだ収納できない服があり途方に暮れている。」
このような悩みを持った方は、多くいるのではないでしょうか。

実は少し手を加えるだけで服を収納するスペースを作ることが出来ます。今回は服が多くて収納場所に困っている方向けに、服の畳み方から収納スペースの作り方まで、細かく解説していきます。

服を収納するために、まず持っている服を把握することが重要

服の収納をする前に、ぜひやってほしいのが自分が持っている服の把握です。いま自分が持っている服を把握しておかないと、どのくらいのスペースが必要なのか、服をどうジャンル分けすれば良いかが分からなくなってしまいます。

持っている服の把握を行うには、まず持っている服をすべて取り出し、アイテムごとにメモしていきましょう。その後、不用だと思ったものは捨て、残った服がジャンル別でそれぞれ何枚あるかを確認します。

持っている服を把握したら、Tシャツをしまう棚は1つ、ズボンはハンガーラックにかけるというように数に合わせた収納方法を考えていきましょう。

スペースを取らない、洋服の上手な畳み方

スペースを取らず、日常のコーディネートもしやすい収納をするためには、収納場所の工夫だけでなく”畳み方”も重要になってきます。ここではそんな収納上手になるための畳み方をご紹介します。

Tシャツの畳み方

Tシャツは上手にたたむことで、かさばらないようになるだけでなく、収納ケースの中で服を判別しやすくなります。その分、日々の洋服選びをストレスなく行えるので、ぜひ畳み方をマスターしましょう。具体的な方法は以下の通りです。

○Tシャツの裾の縫い目を持ち、引っ張って伸ばす(裾の縫い目を引っ張ることでTシャツを左右対称にたたむことが出来ます。)
○首元より2~3センチ外側を折り目として腕部分をTシャツの背中側に折る。これを右、左腕側両方行う。
○Tシャツの首元を裾に合わせるように折る。(服屋などでよく見る、服の首元から胴にかけてのデザインが見える畳み方です。)
○もう一度同じ向きにTシャツを畳む。(Tシャツをさらに畳むことでコンパクトになります。)

これでTシャツの畳みは完了です。畳んだTシャツをすっきり収納するには服の並べ方にも工夫が必要です。
Tシャツは、収納ケースの右から左へと順に収納していきます。服を重ねるのではなく横に収納することでケースでも洋服を判別しやすいからです。服を判別しやすくすることで、日々のコーディネートも行いやすくなるので、ぜひ試してみてください。

靴下の畳み方

靴下は重ねて畳み、靴下の先端をゴム部分に入れ込むことでコンパクトになります。
丈の長さ別で棚に収納すると探している靴下を見つけやすくなり、便利です。

靴下の先端をゴム部分に入れ込んでまとめることで、「靴下の片方だけなくしてしまった!」なんてことも防ぐことが出来ます。そのためしっかり、1セットずつまとめておくことをおすすめします。

しまう場所別、服のおすすめ収納術

クローゼット

クローゼットは服をハンガーにかけて収納出来る分、下部分にデッドスペースができやすくなるのが特徴です。そのためハンガー掛けの下に収納ケースを配置することをおすすめします。また、服の長さ別に服をハンガーにかけて収納することも重要です。そうすることで下部分に出来るスペースが服の長さ別で統一され、それに合わせて収納ケースの高さを調節してデッドスペースを減らすことが出来るからです。

押し入れ

日本の押し入れは奥行きがあるのが特徴です。奥行きを利用して、整頓棚を設置することで服を大量に収納することが出来ます。ただ、その分奥の服を取り出しづらくなってしまうので、季節外れの洋服であったり、着る機会の少ない洋服をしまうことをおすすめします。

また、押し入れ内にツッパリ棒を設置して、ハンガーラックをつくるのもおすすめです。奥行きがあるので手前側と奥側で2つのハンガーラックを作り、手前に季節もののアウター、奥にそうでないアウターを収納するという方法があります。

服の収納というとクローゼットや押し入れに目が向きがちですが、他の棚にも意外と洋服収納に活用できるスペースがあるもの。そのため洗面所や玄関先など、比較的サイズが大きめの棚を活用して、洋服を収納することをおすすめします。

例えば洗面所付近の棚。ハンドソープや歯ブラシの代えなどを入れている方が多いかと思います。洗面所の棚にも案外デッドスペースが多く、まだまだ収納できる場所があるものです。そのため、棚の中に収納ケースを配置して、子供服や代えのパジャマなどを収納してみましょう。こうすることで子供服やパジャマが普段着と混ざる心配がありませんし、デッドスペースも有効活用することが出来ます。
クローゼットや押し入れを利用してもなお服が収まりきらないという場合に、利用したい収納場所です。

まとめ

今回は服が多すぎて困っている方向けに様々な収納場所、服の畳み方などをご紹介しました。
もう収納場所がないと思っても、少し工夫を加えるだけで案外新たなスペースを作ることが出来るものです。

また、服をきれいに収納できれば毎日の洋服選びもはかどり、さらにファッションが楽しくなるかと思います。

ぜひ本記事を参考にして、上手な服の収納を行ってみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970