そのスペース必要?物置部屋で綺麗に収納する方法

そのスペース必要?物置部屋で綺麗に収納する方法

BY: MAGAZINE編集部

そのスペース必要?物置部屋で綺麗に収納する方法

一軒家やLDKのマンションに住んでいる人の中には、自宅に物置部屋があるという人も多いのではないでしょうか。

物置部屋とは、人によっても様々ですが、自宅の足りない分のスペースを補っている部屋というのが一般的です。物置やにタンスを置いて、洋服を収納していたり、オフシーズンのものやレジャー用品を置いておいたり、使っていない電化製品をおいておいたり、人によって使い方は様々です。

しかし溜め込めるだけ溜め込んでおいて、部屋の中にはいらないものもあるという人や溜め込みすぎてもので溢れてしまったという人も多いのではないでしょうか。その場合、スペースが勿体無いですし、もしもの時、部屋として何も機能しなくなってしまいます。

今回は物置部屋を有効に使うために必要なことを紹介していきます。

まずは断捨離を心がける

断捨離とは

断捨離とは、簡単にいうと「物への執着をなくして、本当に必要なものを見つめ直していくこと」を指します。

例えば「今後使うかもしれない」「勿体無いから取っておく」という考えをなくして、処分していくようにすることです。一見捨てるのにも勇気が入り、難しそうにも感じますが、手順さえ覚えてしまえば簡単に出来るようになります。

断捨離の基本

断捨離は「出す」「分ける」「捨てる」「しまう」の4つの手順で行なっていきます。

まず、物置部屋の中にある荷物を全て出します。量が多い場合は物置部屋を、いくつかのエリアに区切って、そのエリアごとに着手していくとスムーズに進むでしょう。荷物を全部出せたら、今使っている物・しばらく使っていない物・限られた季節しか使わない物などの明確な基準を作り、それに沿って全ての荷物を分けていきます。

荷物が分け終わったら、しばらく使ってない物や今頃になって見つけたものは捨てていくようにしましょう。コツは「今まで使わなくてもなんとかなったのだから必要ない」と考えることです。
最後に断捨離で分別したものをしまっていきます。

整理がついたら収納スペースを見直す


断捨離で分別ができたら、いよいよものをしまっていきます。
その時、収納スペースを見直して、何をどこにしまうか考えるようにします。

例えば、よく使うものは外のケースに、季節限定のものやホコリを防ぎたいものは押入れにというように、収納スペースを見直しながら、しまっていきます。

まとめ

物置部屋を整理する時は、断捨離を行い、中にある物やそこにある収納スペースを見直しながら行なっていくことが大切です。特に断捨離しなければいけないものも多くあるため、明確な基準を設けて、要る物と捨てるものを分別していくことが大切です。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970