マンションやアパートでも出来るベランダを活用した自宅の収納術

マンションやアパートでも出来るベランダを活用した自宅の収納術

BY: MAGAZINE編集部

マンションやアパートでも出来るベランダを活用した自宅の収納術

世の中にはたくさんの収納術が紹介されています。
しかしどれだけクローゼットや押入れの中の収納を工夫しても、収納できる量は限られています。
中には収納術で工夫しても収納場所が足りないという方も多いのではないでしょうか。

そんな際これから使っていきたいのが「ベランダを活用した収納術」です。
今回はベランダを活用した収納術とはどのようなものか紹介していきます。

ベランダを活用してものを収納する

マンションやアパートなどの賃貸住宅では実践できる収納術は限られてしまいます。
そんな時にぜひ活用していきたいのが「ベランダ収納」です。
では実際にどのようなアイテムをベランダに収納するのが良いのでしょうか。

まずクローゼットの中や押入れの中から「外で収納しても劣化しないアイテム」を選びましょう。
屋内とは違い屋外は雨や風、日光など自然の影響をもろに受けてしまいます。そのため外に置いて置くと劣化するものはできるだけベランダに収納しないでください。

ベランダで収納できるものとして物干し竿や洗濯を干すための用具、自転車の整備用品や家庭菜園用のスコップや肥料植木鉢などが挙げられます。

ベランダ収納をするために必要なもの

マンションやアパートを含めベランダ収納では「小型の物置」を使用します。
一般的なカラーボックスよりも外で使うことを意識して作られた小型の物置の方が状態良く収納できるためです。

しかしマンションやアパートなどの賃貸住宅の場合、ベランダ部分は共有部分と定められている場合が多いです。
そのため大きすぎる物置や、ベランダに設置されている避難梯子を妨げてしまうような置き方をしないよう気をつけてください。
安全面で問題があるだけでなく、周辺住民とのトラブルにもなりかねません。
マンションやアパートのベランダに物置を設置する際は、規約を必ず確認するようにしてください。

物置もたくさんの種類のものが発売されており、おしゃれなものからベンチになるような機能的なものまで様々です。
自宅の景観や用途にあった物置を選びましょう。

物置の代わりに置き型の保管庫を設置する

さらに物置を置くのではなく、置き型のゴミ保管庫をおくという方法もあります。収集日までゴミの量が多く、毎回保管場所に困る方にもベランダ収納はおすすめです。
市販のゴミストッカーをベランダに置くことで、景観と部屋の綺麗さを守りながら保管ができます。蓋つきのストッカーであれば悪臭に悩まされることもありません。
物置と同じようにマンションやアパートの場合は周辺住民との無用なトラブルを防ぐために、管理規約をしっかり確認する必要があります。

ベランダ収納ができない場合はトランクルームを利用する

ベランダが狭い場合やマンションやアパートの規約などで物置がおけない場合はベランダ収納術を活用することができません。
また背が高い物置をおいても問題がない場合でも、防犯上良くないこともあります。物置が不審者の足場になってしまうことも多々あり、そのため設置することができない場合もあります。

このように何らかの理由でベランダに物置が設置できない場合は、トランクルームを活用して収納する方法を考えてみましょう。
トランクルームは小型の倉庫や保管庫よりたくさん収納することができます。さらにトランクルームを利用するならベランダに物置を置く必要がありません。その結果緊急時の避難経路をしっかり確保することができます。
さらにトランクルームはセキュリティもしっかりしています。
トランクルームの利用もぜひ検討してみてください。

まとめ

もし部屋の中の収納に困ってしまった場合はベランダ収納術を活用してください。またその時はできるだけ小型の物置を置くようにしましょう。
さらに「ベランダがない」「アイテムが大きすぎて収納できない」「物置を置くことができない」と言った場合にはぜひ、トランクルームを利用してみてください。
ベランダやトランクルームを利用して快適な部屋を作り上げましょう。

トランクルームをお探しの方へ

トランクルームを探すなら、安心・安全・便利なイナバボックス

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970