一人暮らしや狭い部屋にオススメの収納方法とは

一人暮らしや狭い部屋にオススメの収納方法とは

BY: MAGAZINE編集部

一人暮らしや狭い部屋にオススメの収納方法とは

一人暮らしのワンルームや狭い部屋などは、広いお部屋と比べて収納スペースが少ないですよね。そのため日々の使用品を収納しきれず、結果として生活感あふれた部屋になることもあるのではないでしょうか。

そこで狭い部屋に住む方の収納方法として、100均などで売っている小物を使う方法をおすすめします。小物を活用することで、狭い部屋でも様々な場所に収納スペースを確保でき、すっきり片付いた部屋づくりが可能になるからです。

今回は100均の小物やあらゆるアイデアを駆使した、狭い部屋の収納術を紹介していきます。

収納工夫ポイント【クローゼット編】

クローゼットは毎日使う洋服をしまうものだからこそ、収納が非常に難しいスペースです。特に洋服好きな方であれば服が収まりきらずに困っているという方も多いのではないでしょうか。ここではクローゼットをすっきりさせる洋服の収納方法を紹介します。

本当に必要な服だけを残す

狭い部屋で収納スペースが少ないということは、収納スペースに収まる量以上の服を持ってしまっていてはどう頑張っても収まりりません。クローゼット内をすっきりさせるにはある程度断捨離が必要です。洋服はまだ着るかも…と思ってしまいがちで、なかなか捨てられない方も多いかと思います。ただ本当に必要な服は数枚でよかったというケースも多いです。本当に着ている服だけを残すくらいの勢いで、洋服の断捨離を行いましょう。

断捨離に困ったときはこの服がお店に並んでいたときにまた買うかどうかを考えてみましょう。メンタリストDaiGo公認の方法で、効率的に洋服の断捨離を行うことができます。

スリムハンガーを使用する

スリム設計のハンガーを使用するのも1つの手です。ハンガーは様々な種類があり、横幅や厚みがあるものも多いです。

ハンガーをスリム設計なものに統一することで、余計なスペースを取らないうえクローゼットに統一感が生まれてすっきりした印象になります。

ワイシャツやTシャツ、コートなどハンガーにかける服をたくさん持っている方は特におすすめです。

収納工夫ポイント【キッチン編】

一人暮らしで狭い部屋だと、ほとんどの場合キッチンも狭い場合が多いです。特にフライパンやまな板、調味料などの収納スペースが少ないので、キッチン上に物が散乱してしまうことも多いと思います。ここではキッチンが綺麗に見える、キッチン周りの収納工夫ポイントを解説します。

シンク下収納は中身が見えるようにする

シンク下はきいスペースがあることが多く、フライパンやなべなどの大きいものもしまうことができる場合があります。シンク下はしまえるものが多いからこそ、何を収納しているのか見えるようにすることが大きなポイントです。透明なケースを活用してジャンルごとにキッチン用具を分けることで、使いたいものをすぐに取り出すことが出来ます。

鍋の収納は立ててスペースを有効活用

シンク下に収納する鍋やフライパンですが、これらは立てて収納することをお勧めします。なぜなら仕切りを作って鍋やフライパンを収納することで、デッドスペースを有効活用できます。

また、お料理の際も取り出しやすいので、スムーズに料理を楽しむことが出来ます。

冷蔵庫周りも効果的に使用する

冷蔵庫周りに収納スペースなんてあるの?と思う方も多いかと思いますが、実は冷蔵庫周りには隠れた収納スペースがたくさんあります。

例えば冷蔵庫対応のラックを使って、冷蔵庫の上に電子レンジを配置したり、冷蔵庫横のフックにエプロンをかけたりすることが出来ます。

また冷蔵庫といえば表面がマグネットであることが特徴です。そこでマグネットケースを利用して、冷蔵庫にくっつけたマグネットケース内に輪ゴムやお弁当グッズなどをしまっておくことができます。

収納工夫ポイント【ランドリー編】

洗濯機周りのスペースも有効的に使用する

洗濯機周りも、冷蔵庫同様ラックを活用することをお勧めします。ラックを利用すれば洗濯籠や洗剤などを効率的にしまうことが出来ます。

また洗濯機はバスルームの近くに配置されていることも多いので、フェイスタオルやバスタオルの収納もおすすめです。

細かいものはバスケットやカゴを使用

洗濯ネットや小さめの洗剤ケースなど、細かいランドリー用品はなくなりやすいものです。そういったモノはバスケットやカゴに収納しておきましょう。

またバスケットやかごを利用することで洗剤ゾーン、洗濯ネットゾーンとジャンル分けして整理することが出来ます。

まとめ


狭い部屋で収納をあきらめていた方も、少しの工夫でお部屋をきれいにすることが出来ます。またきれいに収納すれば使える場所も増えるので、観葉植物やインテリアなど自分の好きなものを置くのもおすすめです。

一人暮らしの方は社会人や学生の方といった忙しい方が多いかと思いますが、今回紹介した収納術は比較的短時間で行えます。

本記事で紹介した内容を参考にして、ぜひ快適な一人暮らし生活を送ってください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970