安いけれど縁起が悪い?お盆の時期の引越し事情まとめ

安いけれど縁起が悪い?お盆の時期の引越し事情まとめ

BY: MAGAZINE編集部

安いけれど縁起が悪い?お盆の時期の引越し事情まとめ

夏休みがある8月に引越しをする人は多く、社会人や学生など引越しを考えてる方は少なくないでしょう。なので、8月の引越しは通常期よりも引越し料金が高くなる傾向にあります。これと同時に8月はお盆月でもあり、昔ほどではないですが「仏様行事があるお盆月の引越しはタブー」という考え方もあり、引越しをずらす人もいます。そこで今回は、お盆に影響を受けた8月の引越しについてご紹介します。

お盆の引越しは避けた方がいいと言われている理由

昔からお盆とは、先祖や亡くなった人たちが浄土から地上に戻ってくると言われています。そのお盆に家を動かしたり、大きな変化をすると、ご先祖様が帰ってこれなくなることから、お盆の引越しは避けたほうがいいとされているのです。

お盆の引越しはそもそもできるか

お盆の引越しをしてはいけないかを判断する為には、まずお盆の意味を考えてみましょう。最近はあまりそういうことを気にしない人もいますが、お盆という風習を大事にして、先祖供養をきちんとしたいと考えるのであれば、極力お盆に引越しをするのはやめておいたほうがいいでしょう。しかし、実際にお盆に引越しをしたけれども特に悪いことは何も起きてない人も大勢いるので、どちらがいいかは、一概には言えないでしょう。お盆に引越しをするかどうかは本人の気持ち次第です。

お盆の時期に引越すメリットとデメリット

お盆の時期は、夏休みといえど帰省やお墓参りなどで家族とゆっくり過ごす人が多い為、引越しの件数が減ることがあるのです。そんなお盆に引越しをする際、以下のことに着目すると、お得な引越しができます。

お盆の時期の引越しのメリット

基本的に夏の間では、全体的に引越しの価格が高くなりますが、お盆の間だけは少し値下がりします。それと、冬とは違い晴れる確率も高く、身軽に動ける服装で引越し作業が行えるのも一つのメリットです。

お盆の時期の引越しのデメリット

日本特有の風習で、「お盆に引越しは縁起が悪い」と考える人もいて、特に年配の方々が、ご先祖様の帰る家がなくなる、と気にするようです。
お盆の時期といっても夏真っ盛りです。真夏の引越しのもう一つのデメリットは暑さで、立っているだけでも体力を消耗する中、熱中症などの危険もあるので十分対策が必要となってきます。

まとめ

お盆の時期に引越し考えている人は、お盆の風習や先祖供養を大事にするのであればやめた方がいいかもしれません。しかし、それが気にならないのであれば、少しお得にできるので、お盆のオフシーズンを狙って引越しを行うことをオススメします。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970