収納スペースを作って収納力をアップしよう

収納スペースを作って収納力をアップしよう

BY: MAGAZINE編集部

収納スペースを作って収納力をアップしよう

小さい部屋に住んでいると「収納場所が少ないな」と感じることはありませんか?
ワンルームや小さめの部屋は収納場所が狭いことも多く、ちょっと物を入れただけで場所が埋まってしまうことがあります。
「まだまだ収納したいものがたくさんあるのに収納場所がなくなってしまった!」と困った経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

そういった時におすすめなのが収納スペースの増設です。
今回は誰でも実践できる収納スペースを作る方法について紹介します。

収納スペースを作るためのコツ

自宅の中のデッドスペースを見つける

ワンルームなどの小さい部屋の場合、すでに必要な家具で埋まってしまっている場合が多いので、タンスやクローゼットといった大きな家具を新たに置くのが難しいのではないでしょうか。
そのため、収納スペースを増やすためには部屋の中で有効活用できていない「デッドスペース」を活用するのが良いでしょう。
デッドスペースであれば、今ある生活スペースを圧迫せずに収納スペースを作ることができます。また、新たに収納家具を買う必要もないので、収納スペースを作るための費用もやすく抑えられることが多いです。

収納場所を見直す

押し入れやクローゼットの手前だけでなく奥も活用することでより多くのものが収納できるようになります。
また、押し入れやクローゼットの仕切りを増やすことで、大きな物だけでなく小さい物も収納しやすくなります。
このように今ある収納場所を見直し、使いやすいように工夫することで収納量がアップすることもあるので、今ある収納場所を見直しましょう。

どのように収納スペースは作れば良い?

ここでは、今からできる収納スペースの作り方・増やし方を紹介していきます。

ドア上のデッドスペースを活用した収納棚

ドアの上のスペースに突っ張り棒を設置し、棚板をおけばあっという間に収納スペースに早変わりします。棚板をおかず、収納ボックスを置くだけでも十分収納できます。
玄関なら靴の空き箱や外で使うグッズ、トイレならトイレットペーパーやトイレ用品置き場に早変わりします。
もちろん、突っ張り棒を設置できるような柱があれば、普通の部屋にも設置できます。

収納場所の奥行きを活用する

押入れの奥やクローゼットの奥にあまり使わないものや背の高いものを収納し、スペースを有効活用することによって収納場所を作ることができます。
背の高いものがない場合は、折りたたみ式の棚を置き、上段と下段に物を置くことで高さと奥行きを上手に活用して物を収納することができます。

使い方が工夫できる家具を使う

例えば、引き出しが付いている家具は引き出しの中にしまえるものしか収納できませんよね。
収納スペースを増やすなら、自由に組み合わせられる収納家具がおすすめです。
キャビネットやカラーボックスがその1つです。どんなものでもおける家具を使うことで、引き出しなどには収まらない大きさのものでも収納できるようになります。
また、棚板の位置が変えられる収納家具や汎用性が高い収納ケースなどもおすすめです。収納するものの大きさに合わせて高さを変えたり、引き出しとして使ったりすることができます。

どうしても収納スペースを作れない時はトランクルームがおすすめ

「色々実践してみたけれど収納スペースが作れなかった」
「もっと大きな収納スペースが欲しい」
そういった場合にはトランクルームの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
トランクルームなら十分なスペースを確保することができます。
また、棚やキャビネットなしでも使用できるので契約したらすぐに活用することができます。
ぜひ、トランクルームの活用も合わせて検討してみてください。

まとめ


収納スペースを作りたいならまずは自宅の中のデッドスペースを見つけたり、今ある収納場所を見直したりしましょう。一見収納できなさそうな場所でも収納スペースを作ることができるかもしれません。
ぜひ、今回紹介した方法を活用して収納スペースを作ってみてください。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970