あっという間にスッキリ片付く収納アイデア

あっという間にスッキリ片付く収納アイデア

BY: MAGAZINE編集部

あっという間にスッキリ片付く収納アイデア

よく収納方法や工夫をネットで検索するとDIYで棚を作ったり、工具を使って取り付けるような、ちょっと手の込んだアイデアがたくさん出てきます。

しかし、不器用な人や普段工具を使わない人にとってDIYはなかなかできるものではありません。ましてや賃貸住宅に住んでいる人は工具を使ってモノを作ったり、壁に穴を開けて棚を設置するなんてことはなかなかできません。

そこで今回は不器用さんや賃貸住宅に住んでいる人、簡単に収納を工夫したい人でも簡単にできる収納アイデアを紹介します。

 

洋服は畳んで立てて収納する

多くの人が洋服をタンスや収納ケースの下から重ねて収納しています。おそらく一般的な方法ですが、この方法よりも効果的な収納方法があります。
洋服は横にしてしまうよりも、縦にしまっていく方がよりたくさん収納できます。
まず、タンスのサイズにあったプラケースをタンスの中に並べます。
その中に洋服を畳んだ形のまま縦にして入れていきます。余ったスペースには小さいケースを入れ、その中に靴下などの細かいものを収納します。
この縦に収納するアイデアを活用することによって、横にして収納する時よりも多い枚数の洋服が収納できます。さらに畳んだ状態で重ねて収納していた時より隙間なく服が収納されるので、よりデッドスペースを解消することができます。

 

カゴを使って収納する

 

棚を買って組み立てるのが大変な人は、カゴをつかったアイデアを活用しましょう。同じ種類のカゴを買ってきて、種類別に入れていくだけでも、中身がごちゃごちゃしません。また統一感も出るので、押し入れやクローゼットの中もスッキリします。
蓋つきのバスケットを使用すれば棚がなくても重ねることができるので、安く済むというメリットもあるアイデアです。

 

ウォールラックを作って収納する

ウォールラックを設置しようとしても壁に釘やネジを打つことができない物件の場合、諦めることが多かったと思います。今ではウォールラックと言っても、様々な種類のものがあり、中には画鋲で設置できる簡単なものもあります。壁を1つのインテリアとして、おしゃれに飾りながら収納できます。
さらに、突っ張り棒式のウォールラックも販売しており、トイレなどの狭い場所であればドアの上部に収納場所を作ることができます。壁に穴を開けることに不安があるならこちらのアイデアを活用しましょう。
また、その他にも普通の突っ張り棒を2本設置して、カゴを引っ掛けてその中に収納する方法もあります。

 

小物はS 字フックを活用する

クローゼットにファッション関係のモノを収納した時、カバンやベルト、帽子の収納に困ったことはありませんか。
細かいものをクローゼットにしまうときは、S字フックに引っ掛けると散らかったりせずに綺麗に収納できます。
また、出し入れなども簡単にできるのでとても便利なアイデアです。
さらに、クローゼットの中だけでなく、キッチンでもS 字フックは活用できます。吊り戸棚にS 字フックを引っ掛ける事で、その場所にまな板や調理器具が収納できる、まさにキッチンのデッドスペース解消アイデアです。

 

まとめ

最初から手が込んだ収納をしようとしてもうまくいきません。
また、壁に穴を開けられないなど、条件が厳しい場合もあります。
しかし、洋服や靴下のたたみ方、入れ方を工夫する事1つでも効率的な収納にすることができます。
また、カゴや突っ張り棒、S字フックなどの既存のものを組み合わせることで色々な収納アイデアにつながっていきます。
アイデアはまだまだ豊富にあるので、簡単なところから始めて、自分にあった収納方法を見つけましょう。

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970