収納できない!狭い部屋でも片付く収納術とは?

収納できない!狭い部屋でも片付く収納術とは?

BY: MAGAZINE編集部

収納できない!狭い部屋でも片付く収納術とは?

一戸建てやLDKのマンションであれば部屋が広いので、タンスやクローゼットなどの収納用品を置くことができます。
スペースも広いので綺麗に部屋を見せることができます。

しかし、ワンルームなどの狭い部屋では収納スペースも限られ、収納用品も置けず、部屋が汚くなってしまいます。

ただ、狭い部屋でも工夫次第で部屋を綺麗に見せることができます。
今回は狭い部屋ならではの収納方法を紹介します。

 

突っ張り棒を使ってデッドスペースを活用する

突っ張り棒は狭い部屋の必須アイテムです。
狭い部屋だからこそ、どこにでも突っ張り棒を設置することができます。
例えば、天井とドアの空いたスペースに突っ張り棒と天板を設置すると簡単にその部分を棚にすることができます。
また、クローゼットのサイドに突っ張り棒やフックをつけることによってカバンやベルトを収納することもできます。
さらにテーブルの下に突っ張り棒を設置するとコードやティッシュをしまって置くことができます。

 

ベッド下を有効活用して収納する

たくさんの種類があるベッドですが、工夫次第でどのベッドを使っていても収納に役立てることができます。
今あるベッドには何が最適か考えましょう。

下に空洞があるベッド

下が空洞になっているものはその空洞部分が丸々収納スペースになります。
普段は使わないトランクケースをしまっておくことも、棚や収納ケースを買って本や漫画、オフシーズンの服をしまうことができます。
カゴや棚、ケースの種類や色も統一すれば綺麗に見せることも可能です。

ロフトベッドを活用した収納術

ロフトベッドは収納にも大きく活用できます。
高いロフトベッドであれば、ロフトベッドの下の部分にデスクやソファーを置いて開いた部分に別の収納用品を置くことができます。
また、低いロフトベッドもあるので、高さが心配な方はそちらを利用すると良いでしょう。
低いロフトベッドでも収納ケースや低い家具なら十分収納できます。

引き出し付きベッドを活用した収納

ベッドの下にすでに引き出しが付いているものもあります。
引き出しの中も工夫すれば細かなものから洋服まで幅広く収納できます。

 

玄関に収納スペースを作る

玄関にスツールを置けば靴を履く時にも使えますし、収納式スツールであれば中に来客用スリッパや靴のお手入れグッズを収納して置くことができます。
また、マグネット式の傘立てならばドアにつけて使うことができます。

 

やっぱり断捨離することが大切

ここまで、狭い部屋に最適な収納方法を紹介してきましたが、やはり一番大切なのはものを減らすことです。
部屋の中のモノを定期的に確認して、しばらく使っていないモノや必要のないものはどんどん捨てましょう。
モノが溢れていては、いくら収納があっても足りません。
買い物前にしまう場所を確認したり、買った個数より1つ多く必要のないモノを捨てるなど日々工夫は必要です。

まとめ

狭い部屋だとスペースが限られているので、工夫しないとなかなか収納はできません。
しかし、突っ張り棒を使えば、手間やお金をかけなくてもデッドスペースを有効活用できます。
さらにこれから家具を買い揃える人は家具にも注意してみましょう。ベッドの下に空洞があれば、そこを収納スペースにすることができます。玄関に靴を履くとき使う収納付きスツールを置けば綺麗にお手入れ用品を片付けることができます。
しかし、一番大切なのは必要でないものは買わないか、捨ててしまうことです。
今回紹介したことを実践して、快適な部屋にしましょう。

BY: MAGAZINE編集部

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 0120-178-161 FAX: 03-5713-8970