服の捨て方には正しい方法がある!服を上手に捨ててお洒落になろう

服の捨て方には正しい方法がある!服を上手に捨ててお洒落になろう

BY: MAGAZINE編集部

服の捨て方には正しい方法がある!服を上手に捨ててお洒落になろう

家の中にある雑貨の中でも、ついついシーズンごとに増えてしまうのが「洋服」です。洋服が多い人の中には、クローゼットに収まらないくらい洋服を持っている人や新しい服が欲しいけれどクローゼットに入らないので断念する人もいるでしょう。

洋服の中で本当に着ているものはどのくらいあるのでしょうか?
実は一回着ただけでその後着ていない服があるなんてこともあるでしょう。
そんな方向けに今回は上手な服の選別方法をお伝えします。

必要な服と捨てる服の選別方法

残しておく必要な服と捨てる服の選別を始める前に、服を種類ごとにまとめて出しておきます。まとめておいておくと選別がスムーズに進みます。

オフシーズンの服から手をつける

シーズン中の服から手をつけると「今度着てみよう」というものが増えてしまい、なかなか選別が進まない場合があります。
そのためまずはオフシーズンのものから手をつけましょう。

出してみて存在を思い出した服は捨てる

服を出した時「こんな服もあったな」というものは、今まで着なくても問題がなかったので捨てても問題はありません。

似たような服があれば1つだけ残しておく

週2回以上着るという場合がない限り、同じ色の似たような服は捨てるようにしましょう。その時ボタンや裾などのメンテナンスをチェックして状態が良いものを残しましょう。

ボタンが取れていたりほつれていたりするものも捨てる

服の中には何回も着ていて状態が悪い服もあるでしょう。そのような服があった場合は思い切って捨てることも大事です。

着てみてイメージと違うと感じた服は捨てる

実際に着てみてイメージと違った服や「もう少し痩せたら似合うかも」といった「たら・れば」で残してある服も捨てる服に含まれます。
今、似合う服を残すことが重要です。

 

捨てる服の処分方法

服の処分方法には2つの方法があります。
自分が今一番やりやすい方法で処分してください。

ゴミの日に出す

一般的には洋服は燃えるゴミとして扱われることが多いので、袋にまとめて自治体が定めている燃えるゴミの日にまとめて出すようにしてください。
また、中には燃えないゴミ扱いの場合や服によっては処分できないものもあるので、自治体の規定に沿って処分してください。

フリーマーケットやオークション、古着屋で売る

一回しか着てない服や状態の良い服、ブランド物の服は売るという選択肢もあります。ただし、フリーマーケットや古着屋の場合は売れなかった場合持って帰ってこなくてはなりません。オークションの場合も売れるまで手元に置いておかなければいけないので片付きません。
捨てる服を全部売るのではなく、本当に買ってもらえそうな服だけ売るようにしましょう。

それでも多い場合はオフシーズンのものをトランクルームで収納

いくら洋服の断捨離を行っても仕事やライフスタイル上、服の枚数が多くなってしまうという人は、思い切ってトランクルームを借りるのがオススメです。
今は女性専用のトランクルームや服の収納に特化したトランクルームがあるので、トランクルームを借りてオフシーズンの服を収納してみてはいかがでしょうか。

まとめ

増えすぎた服を選別するポイントは「オフシーズンの服から手をつける」「出してみて存在を思い出した服は捨てる」「似たような服があれば1つだけ残しておく」「ボタンが取れていたりほつれていたりするものも捨てる」「着てみてイメージと違うと感じた服は捨てる」の5つです。この5つのポイントを基準として不要な服を捨てていくようにしてください。

また、服の処分方法は売るという方法とゴミとして出す方法があります。
服の状態によって方法を使い分けるようにすると効率的な処分ができます。

それでも服が多いという人にはトランクルームの利用がオススメです。
自分に合った方法でファッションを楽しんでください。

トランクルームをお探しの方へ

トランクルームを探すなら、安心・安全・便利なイナバボックス

BY: MAGAZINE編集部

関連する記事

〒144-0052
東京都大田区蒲田 5丁目27番10号 蒲田TKビル5F
TEL: 03-5713-8981 FAX: 03-5713-8970